2019年MOTOGPの日程や放送予定は?結果速報もいち早くご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年motogp結果速報

みなさま、こんにちは!マルです!

 

いよいよ、今週(3月9日(土))から、世界的なバイクレースの祭典、2019MOTOGPがはじまります!

 

去年の最終戦からずっと、この日を待っていたMOTOGPファンたちは、早くはじまらないかとソワソワ、ワクワクしてるに違いありません!

 

そういうマルも、やっとこの日が来たかと、ワクワクしております!

 

そこで、ここでは、

  • 2019年MOTOGPの日程や放送予定は?
  • 2019年MOTOGPの結果速報

について、ご紹介していきますね!

 

 

Contents

*2019年MOTOGPの日程は、いつからいつまでなの?*

 

2019年のMOTOGPの日程は次の通りです。

 

●第1戦 カタールGP(ロサイル・インターナショナル・サーキット)

3月9日(土)予選レース 10日(日)決勝レース (ナイトレース)

 

●第2戦 アルゼンチンGP(アウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンド

3月30日(土)予選レース 31日(日)決勝レース

 

●第3戦 アメリカズGP(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)

4月13日(土)予選レース 14日(日)決勝レース

 

●第4戦 スペインGP(ヘレス・サーキットーアンヘル・ニエト)

5月4日(土)予選レース 5日(日)決勝レース

 

●第5戦 フランスGP(ル・マンーブガッティ・サーキット)

5月18日(土)予選レース 19日(日)決勝レース

 

●第6戦 イタリアGP(ムジェロ・サーキット)

6月1日(土)予選レース 2日(日)決勝レース

 

●第7戦 カタルーニャGP(カタルーニャ・サーキット)

6月15日(土)予選レース 16日(日)決勝レース

 

●第8戦 オランダGP(TT・サーキット・アッセン)

6月29日(土)予選レース 30日(日)決勝レース

 

●第9戦 ドイツGP(ザクセンリンク

7月6日(土)予選レース 7日(日)決勝レース

 

●第10戦 チェコGP(ブルノ・サーキット)

8月3日(土)予選レース 4日(日)決勝レース

 

●第11戦 オーストリアGP(レッドブル・リンク

8月10日(土)予選レース 11日(日)決勝レース

 

●第12戦 イギリスGP(シルバーストン・サーキット)

8月24日(土)予選レース 25日(日)決勝レース

 

●第13戦 サンマリノGP(ミサノ・サールド・サーキット・マルコ・シモンシェリ)

9月14日(土)予選レース 15日(日)決勝レース

 

●第14戦 アラゴンGP(モーターランド・アラゴン

9月21日(土)予選レース 22日(日)決勝レース

 

●第15戦 タイGP(チャン・インターナショナル・サーキット)

10月5日(土)予選レース 6日(日)決勝レース

 

第16戦 日本GP(ツインリンクもてぎ

10月19日(土)予選レース 20日(日)決勝レース

 

●第17戦 オーストラリアGP(フィリップ・アイランド・サーキット)

10月26日(土)予選レース 27日(日)決勝レース

 

●第18戦 マレーシアGP(セパン・インターナショナル・サーキット)

11月2日(土)予選レース 3日(日)決勝レース

 

●第19戦 バレンシアGP(リカルド・トルモ・サーキット)

11月16日(土)予選レース 17日(日)決勝レース

 

第1戦のカタールGPからバレンシアGPまでの、全19戦。2018年と同じ19戦ですね!

 

そして、なんといっても、2019年のMOTOGPの第16戦の日本GPは見どころですね!というより、見に行ってしまいましょう!10月19日(土)20日(日)です。

 

日本GPでは、ワイルドカード参戦の日本人ライダーがいますので、ぜひ、ツインリンクもてぎまで足を運んで、目の前で応援しましょう♪

ちなみに、MOTOGPではヤマハの中須賀克行選手、MOTO3では岡崎静夏選手(女性ライダー)が2019年も走ると思います。

 

2019年は誰が年間チャンピオンになるのか、とても楽しみですね♪

 

マル的には、マルク・マルケス選手とアンドレア・ドヴィッツィオーゾ選手が年間タイトルをかけて、接戦となると予想しました!

 

が、直前のテスト走行を見ると、マーベリック・ビニャーレス選手がトップタイムをマークしたので、ビニャーレス選手も目が離せない存在ですね!

 

また、ドカティからホンダへ移籍したホルヘ・ロレンソ選手も、直前のテスト走行では調子が良さそうなので、どういう風にからんでくるか、そこらへんも見どころではないでしょうか。

 

2019年度も、2018年同様、MOTOGPのチームにとっては、忙しい1年となるでしょう!

 

そして、2019年からは新しく、「MOTOE」が開催されます!

 

誰が最初の優勝者になるのか、こちらも楽しみですね♪

 

「MOTOE」についての詳しい情報は、こちらからどうぞ!↓

2019年電動バイク大会MOTOEの日程は?参加ライダーやチームなどエントリーリストも紹介!

 

*MOTOGPの放送予定は?*

 

2019年のMOTOGPを放送する放送局は

  • Hulu
  • 日テレG+(日テレジータス)(CS放送)
  • BS日

の3つです。

 

それぞれの放送日と放送時間をご紹介します!

Hulu

 

私はHuluを使っています。

なぜなら、日テレG+と連携しているため、日テレのリアルタイム配信が見れるからです。なおかつ、バイクに搭載した、オンボードカメラで、迫力ある映像が見れるのです。

 

Hulu は日テレG+と連携してるので、放送日や放送時間が同じです

 

2019年のMOTOGPの第19バレンシアGPの放送予定は、次の通りです。

(最終戦となります)

 

第19戦 バレンシアGP(リカルド・トルモ・サーキット

 [予選] 

  • 11月16日(土)20:30~0:30 (生放送)

 [決勝] 

  • 11月17日(日)18:45~23:30 (生放送)

 

 

Huluは全放送完全生放送!ですね。これは嬉しいことです!

(余談ですが、Huluでは、FIM世界耐久選手権の第1戦から最終戦までも放送しています。もちろん、鈴鹿8耐も放送しますよ!8耐ファンの方にも嬉しいチャンネルですね!)

 

HuluでMOTOGPが見たい方は、こちらからどうぞ!↓2019年シリーズ最終戦ですよ!ぜひ、huluに登録を!


Hulu

 

日テレG+(日テレジータス)(CS放送)

 

CS放送なので、スカパーの登録が必要となります。アンテナないと、見れないので、私は使っていません。

 

第17戦~第19戦は、放送予定が発表になりましたので、正式な放送日と時間をご紹介しますね!

 

 

●第1戦 カタールGP(ロサイル・インターナショナル・サーキット) 

 <放送終了>

 

●第2戦 アルゼンチンGP(アウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンド)

 <放送終了>

 

●第3戦 アメリカズGP(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)

 <放送終了>

 

第4戦 スペインGP(ヘレス・サーキットーアンヘル・ニエト) 

 <放送終了>

 

第5戦 フランスGP(ル・マンーブガッティサーキット)

 <放送終了>

 

●第6戦 イタリアGP(ムジェロ・サーキット) 

 <放送終了>

  

●第7戦 カタルーニャGP(カタルーニャ・サーキット) 

 <放送終了>

 

第8戦 オランダGP(TTサーキット・アッセン) 

 <放送終了>

 

●第9戦 ドイツGP(ザクセンリンク  

 <放送終了>

 

●第10戦 チェコGP(ブルノ・サーキット)  

 <放送終了>

 

第11戦 オーストリアGP(レッドブル・リンク  

 <放送終了>

 

第12戦 イギリスGP(シルバーストン・サーキット) 

 <放送終了>

 

 

第13戦 サンマリノGP(ミサノ・サールド・サーキット・マルコ・シモンシェリ)

 [決勝] 

  • 11月13日(水)20:00~ 0:15(再放送)

 

●第14戦 アラゴンGP(モーターランド・アラゴン)

 [決勝] 

  • 11月15日(金)16:00~ 20:15(再放送)

 

●第15戦 タイGP(チャン・インターナショナル・サーキット)

 <放送終了>

 

第16戦 日本GP(ツインリンクもてぎ

 <放送終了>

 

第17戦 オーストラリアGP(フィリップ・アイランドーキット

 <放送終了>

 

●第18戦 マレーシアGP(セパン・インターナショナル・サーキット)
 

 [ハイライト]

  • 11月16日(土)19:30~20:30 
  • 11月22日(金)15:30~16:30 (再放送)

 

 

●第19戦 バレンシアGP(リカルド・トルモ・サーキット)

 

 [予選] 

  • 11月16日(土)20:30~ 0:30 (生放送)
  • 11月19日(火)23:00~02:30 (編集版)

 [決勝]

  • 11月17日(日)18:45~23:30 (生放送)
  • 11月20日(水)22:15~ 2:30 (編集版)

 [ハイライト]

  • 11月22日(金)16:30~17:30 

 

2018年の第12戦イギリスGPでは、野球の放送がMOTOGPの生放送の時間とかぶっていて、決勝の日の午前中に、録画を放送してましたので、2019年の日程の予想も、同じにしました。

現地時間での日程なので、昼間だったり、夜中だったりしますが、生放送で見れるというところに魅力を感じるので、現地で観戦してる方々と同じ感覚で見れますよ!

BS日

 

BS放送なので、こちらも、登録したり、アンテナがないと見れないです。

 

放送予定が発表になりましたので、正式な放送日と時間をご紹介しますね!

 

 

第1戦 カタールGP(ロサイル・インターナショナル・サーキット)

[地上波]  3月10日(日)25:56~27:06

[BS日テレ] 3月11日(月)24:00~25:00

 

第2戦 アルゼンチンGP(アウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンド

[BS日テレ] 4月1日(月)24・00~25:00

 

●第3戦 アメリカズGP(サーキット・オブ・ジ・アメリカズ)

[BS日テレ] 4月15日(日)24:30~25:30

 

●第4戦 スペインGP(ヘレス・サーキットーアンヘル・ニエト)

[BS日テレ] 5月5日(日)25:30~26:30

 

第5戦 フランスGP(ル・マンーブガッティ・サーキット)

[BS日テレ] 5月19日(日)24:00~25:00

 

第6戦 イタリアGP(ムジェロ・サーキット)

[BS日テレ] 6月2日(日)24:00~25:00

 

●第7戦 カタルーニャGP(カタルーニャ・サーキット)

[BS日テレ] 6月16日(日)24:00~25:00

 

●第8戦 オランダGP(TT・サーキット・アッセン)

[BS日テレ] 6月30日(日)24:00~25:00

 

第9戦 ドイツGP(ザクセンリンク

[BS日テレ] 7月7日(日)24:00~25:00

 

●第10戦 チェコGP(ブルノ・サーキット)

[BS日テレ] 8月4日(日)24:00~25:00

 

●第11戦 オーストリアGP(レッドブル・リンク

[BS日テレ] 8月11日(日)24:00~25:00

 

●第12戦 イギリスGP(シルバーストン・サーキット)

[BS日テレ] 8月25日(日)25:30~26:30

 

●第13戦 サンマリノGP(ミサノ・サールド・サーキット・マルコ・シモンシェリ)

[BS日テレ] 9月15日(日)24:00~25:00

 

●第14戦 アラゴンGP(モーターランド・アラゴン

[BS日テレ] 9月22日(日)24:00~25:00

 

●第15戦 タイGP(チャン・インターナショナル・サーキット)

[BS日テレ] 10月6日(日)24:00~25:00

 

第16戦 日本GP(ツインリンクもてぎ

[地上波(関東のみ)]10月20日(日)25:30~27:00

[BS日テレ] 10月20日(日) 13:50~15:00

 

●第17戦 オーストラリアGP(フィリップ・アイランド・サーキット)

[BS日テレ] 10月27日(日)24:00~25:00

 

●第18戦 マレーシアGP(セパン・インターナショナル・サーキット)

[BS日テレ] 11月3日(日)24:00~25:00

 

●第19戦 バレンシアGP(リカルド・トルモ・サーキット)

[BS日テレ] 11月18日(日)24:00~25:00

 

2019年も第1戦と第16戦日本GPは、地上波でも放送します!(但し、関東エリアのみ)

BS日テレでは、今年2019年も、お笑いコンビのチュートリアルの福田充徳さんがMCだといいなと思ってます。

 

 

*MOTOGP 第1戦 カタールGP  結果速報*

3月9日(土)予選レース結果

 

MOTO3

  • 第1位 アロン・カネト(KTM スタールガルダ・マックス・レーシングチーム)
  • 第2位 L・ダラ・ポルタ(ホンダ レオパード・レーシング)
  • 第3位 鳥羽 海渡(ホンダ ホンダチーム・アジア)

今回、予選第3位に、日本の鳥羽選手が入りました!日本人選手が開幕戦の予選レースで、3位なんて、嬉しいですね!

去年の鳥羽選手の走りを見てると、今年はいいところまで順位が上がってくるのではないかと、予想はしてました。

この勢いで、決勝レースでも、がんばってくれることを期待してます!

鳥羽選手!決勝レース、フロントロウ獲得、おめでとうございます!

 

MOTO2

  • 第1位 マルセル・シュロッター(カレックス、ダイナヴォルト)
  • 第2位 X・ピエルゲ(カレックス、EG0,0 Marc VDS)
  • 第3位 ロレンソ・バルダッサーリ(カレックス、フレックスボックス HP40)

やはり、バルダッサーリ選手、3位ですが入ってきましたね!

去年まで一緒に戦った他の上位選手が上のクラスへ移ったので、今年は結構上位獲得が増えるのではないでしょうか。

優勝目指して、がんばって欲しいですね!

ロッシの弟、ルカ選手は、第4位でした。決勝レースでは上位に食い込む走りを期待してますよ!

 

MOTOGP

  • 第1位 マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)
  • 第2位 アンドレア・ドヴィツィオーゾ (ドカティ)
  • 第3位 マルク・マルケス(ホンダ)

マルは予想通りの順位でした。

ビニャーレス選手は、テスト走行でベストタイムを出していたので、調子が良いのだなと思っていました。

なので、予選レースでは3位以内に食い込むと思っていました。

今年からホンダに移籍したロレンソ選手は、転倒して、思うように走れなかったので、まだ、マシンとの相性がイマイチなのかなと思います。

決勝レースで、マルケス選手やドヴィツィオーゾ選手がどう絡んでくるか、見どころですね。

 

3月10日(日)決勝レース結果

 

MOTO3

  • 第1位 鳥羽 海渡(ホンダ ホンダチーム・アジア)
  • 第2位 L・ダラ・ポルタ(ホンダ レオパード・レーシング)
  • 第3位 アーロン・カネト(KTM スタールガルダ・マックス・レーシングチーム)

 

やりました!鳥羽選手!開幕戦初優勝です!おめでとうございます!

ほんとに、調子良かったみたいなので、優勝するかなと思っていましたよ!

予選の1位から3位までの選手が、決勝レースではの第1位と第3位の入れ替えになりました。

次回戦、また、上位3位以内に入ることを期待しましょう!

 

MOTO2

  • 第1位  ロレンソ・バルダッサーリ(カレックス、フレックスボックス HP40)
  • 第2位 トーマス・ルティ(カレックス、ダイナヴォルト)
  • 第3位 マルセル・シュロッター(カレックス、ダイナヴォルト)

 

最後の最後まで、バルダッサーリ選手とルティ選手のせめぎ合いがあって、ほんのバイクの鼻の差みたいな感じで、優勝者が決まりました。なかなか、おもしろいレースでしたね!

第4位に、レミー・ガードナー選手が入りました。一時、第3位第2位まで躍り出ましたが、最後に失速して、最後の最後に、これも鼻の差で、4位になってしまいました。残念!

レミー・ガードナー選手のお父さんは、あの有名なレジェンド、ワイン・ガードナーです!遺伝子受け継いで、がんばって欲しいですね!

 

MOTOGP

  • 第1位 アンドレア・ドヴィツィオーゾ (ドカティ)
  • 第2位 マルク・マルケス (ホンダ)
  • 第3位 カル・クラッチロウ (ホンダ)

 

最後の最後まで気が抜けないレースでした。

マルケス選手が抜けば、ドヴィツィオーゾ選手が抜き返す、するとまた、マルケス選手が抜き返す。

最後は最終の直線勝負で、しかも、これまた、鼻の差みたいな。

なかなか、見ごたえのあるレースだったと思います!

 

そして、クラッチロウ選手がリンス選手を制して、第3位になりました。

 

そしてそして、なんといっても、生きる伝説のロッシ選手!スタートグリッドは10番目以降からのスタートにもかかわらず、なんと、第5位になりました!さすが、追い上げのロッシ選手!

なんとなく、予想はしてましたよ!期待に応えてくれました!

 

*MOTOGP 第2戦 アルゼンチンGP  結果速報*

3月30日(土)予選レース結果

 

MOTO3

  • 第1位 ジャウメ・マシア(KTM,Bester Capital Dubai)
  • 第2位 アロン・カネト(KTM,マックス・レーシング)
  • 第3位 トニー・アルボリーノ(ホンダ、スナイパーズ)

 

MOTO2

  • 第1位 シャヴィ・ヴィエルジェ(カレックス、EQマークVDS)
  • 第2位 マルセル・シュロッター(カレックス、ダイナヴォルト)
  • 第3位 サム・ロウズ(カレックス・グレジーニ)

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)
  • 第3位 アンドレア・ドヴィトィオーゾ(ドカティファクトリー)

ちなみに、バレンティノ・ロッシ選手は、4位でした。

第1戦のカタールGPの予選での順位違いですね。同じ3人がフロントロウです。

誰が優勝するか、楽しみです。

 

3月31日(日)決勝レース結果

 

MOTO3

  • 第1位 ジャウメ・マシア(KTM、Bester Capital Dubai)
  • 第2位 ダリン・ビンダー(KTM、CIP)
  • 第3位 トニー・アルボリーノ(ホンダ、スナイパーズ)

 

第5位に、日本人のアユム・ササキ(ホンダ、ペトロナス・スプリンタ)が入りました。

もうちょっとでしたね!

そして、1位のマシア選手は予選でも1位という、ポールトゥウインです。しかも、MOTO3初優勝!

MOTO3は結構バイクが団子状態でレースが進んで行くので、途中でトップが激しく入れ替わるので、なかなか、面白いクラスですね。

でも、トニー選手が3位になって、マルは密かに喜んでおります!(密かに応援してますので)

 

MOTO2

  • 第1位 ロレンツォ・バルダッサッリ(カレックス、Flexbox HP 40、VR46ライダーズアカデミー)
  • 第2位 レミー・ガードナー(カレックス、ONEXOX TKKR SAG)
  • 第3位 アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS)

 

バルダッサッリ選手がやはり優勝しましたね!!おみごと!

第2位のレミー選手はあのレジェンド、ワイン・ガードナーさんの息子さんです!お父さんもさぞかし喜んだことでしょう!

やはり、お父さんの遺伝子を受け継いでいるのですね!おめでとうございます。

第3位のアレックス選手は、マルク・マルケス選手の弟です。久しぶりに表彰台に乗ったと思います。

お兄さんのマルク選手も第1位ですので、兄弟して表彰台に乗ってうれしかったでしょうね!

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)
  • 第3位 アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)

 

弟アレックス選手同様、マルク選手も表彰台に乗りましたね!しかも、後続ロッシ選手と10秒近くの大差をつけての優勝です!おめでとうございます。

第2位のロッシ選手は、昨年のザクセンリンク戦以来の久しぶりの表彰台ですね。やっと表彰台でのロッシ選手が見れました。生きる伝説はまだ、生きているんですね!

ちなみに、第7位に日本人ライダーのタカアキ・ナカガミ(ホンダLCR)が入りました。昨年の同じGPで優勝してます。

このサーキットとは相性がいいのでしょうか?シングルフィニッシュが増えてきたように思います。がんばれ!

 

*MOTOGP 第3戦 アメリカズGP  結果速報*

4月13日(土)予選レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位 ニッコロー・アントネッリ(ホンダ、SIC58 VR46ライダーズアカデミー)
  • 第2位 ラウル・フェルナンデス(KTM、アンヘルニエト)
  • 第3位 ガブリエル・ロドリーゴ(ホンダ、グレジーニ)

 

MOTO2

  • 第1位 マルセル・シュロッター(カレックス、ダイナボルト)
  • 第2位 アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS)
  • 第3位 サム・ロウズ(カレックス、グレジーニ)

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)
  • 第3位 カル・クラッチロー(LCR ホンダ)

嬉しいですね!生きる伝説、ロッシ選手が2番グリッドです!

決勝レースではどうなるのか、とても楽しみです!

 

–4月14日(日)決勝レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位 アロン・カネト(KTM、マックス・レーシングニッコロー・アントネッリ)
  • 第2位 ジャウメ・マシア(KTM、Bester Capital Dubai)
  • 第3位 アンドレア・ミーニョ(VR46ライダーズアカデミーガブリエル・ロドリーゴ)

 

MOTO2

  • 第1位 トーマス・ルーティ(カレックス、ダイナヴォルト)
  • 第2位 マルセル・シュロッター(カレックス、ダイナヴォルト)
  • 第3位 ホルヘ・ナヴァッロ(スピードアップ、スピードアップ)

 

MOTOGP

  • 第1位 アレックス・リンス(スズキファクトリー)
  • 第2位 ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)
  • 第3位 ジャック・ミラー(ドカティ・プラマック)

 

ロッシ選手、第2戦のアルゼンチンGPに続く、第2位おめでとうございます!

今年は、ロッシ選手の年間チャンピオンなんていうこともアリかもしれないですね!楽しみです!

そして、マルケス選手は転倒でリタイヤという結果でした。タイヤのことを考えてレースをしなければならないので、大変ですよね。次のレースではまた、表彰台に復活してほしいですね!

 

何と言っても、リンス選手!調子が良かったようなので、もしかしたらという予想はしていましたが、やりましたね!

この調子でがんばって欲しいです。

 

*MOTOGP 第4戦 スペインGP  結果速報*

5月4日(土)予選レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位 ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、レオパード)
  • 第2位 鈴木 竜生(ホンダ、SIC58)
  • 第3位 チェレスティーノ・ヴィエッティ(KTM、VR46、ルーキー)

 

今年の日本人ライダーは熱い!

鈴木竜生選手が予選で2位を獲得しました。第1戦の鳥羽選手に続き、鈴木選手もやりましたね!このまま、決勝レースでは初表彰台目指してがんばって!

 

MOTO2

  • 第1位 ホルヘ・ナヴァッロ(スピードアップ、スピードアップ)
  • 第2位 アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS)
  • 第3位 アウグスト・フェルナンデス(カレックス、Flexbox HP40)

 

第2位のアレックス・マルケス選手は、MOTOGPのライダーのマルク・マルケス選手のさんです。

今年のアレックス選手は調子がいいですね!フロントローが多いです。

このまま、優勝レースで勝って、兄弟表彰台となれるといいですね!

 

MOTOGP

  • 第1位 ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT、ルーキー)
  • 第2位 フランコ・モルビデッリ(ヤマハ・ペトロナスSRT)
  • 第3位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)

 

波乱の幕開けか?

今回の予選レースは、ルーキーのファビオ・クアルタラロー選手や、初フロントローのフランコ・モルビデッリ選手ががんばりましたね。番狂わせですよ!

かろうじて、マルケス選手が3位になりました。

こういうことがあるから、MOTOGPはおもしろいのです!

優勝めざして、がんばれ!

 

MOTOE

 レースは中止となりました!

理由は・・・

2019年から新たにはじまる予定だった電動バイクレース、FIM Enel MotoE World Cup(MotoE)のスペインGPの公式テスト中の3月14日未明、サーキットのパドック内で火災が発生して、関連機材の大部分が損失しました。

この事態を受け、5月に予定されていたスペインGPでのMotoE開幕戦の見送りが発表されました。なお、2019年にMotoEが開催される次のフランスGPからの開催予定は変更なしです。

–5月5日(日)決勝レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位  ニッコロー・アントネッリ(ホンダ、SIC58)
  • 第2位  鈴木 竜生(ホンダ、SIC58)
  • 第3位 チェレスティーノ・ヴィエッティ(KTM、VR46、ルーキー)

 

鈴木竜生選手!やりましたね!おめでとうございます!

もしかしたら、表彰台に乗れるかもと思っていましたよ!今年は調子良いように見えたので、密かに思っていました。

どんどん、日本人選手が表彰台にあがって欲しいですね!

 

MOTO2

  • 第1位 ロレンツォ・バルダッサッリ(カレックス、Flexbox HP40)
  • 第2位 ホルヘ・ナヴァッロ(スピードアップ、スピードアップ)
  • 第3位 アウグスト・フェルナンデス(カレックス、Flexbox HP40)

 

バルダッサッリ選手がきましたねー!おそらく、後方からの追い上げですね!やっぱり強い!

ホルヘ・ナヴァッロ選手やアウグスト・フェルナンデス選手は予選での調子で臨めたのではないでしょうか?

確実に、しかも、転倒などなく慎重にすすめられたのだと思います。

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 アレックス・リンス(スズキファクトリー)
  • 第3位 マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)

 

やはり、マルケス選手、来ましたね!前回のアメリカGPの転倒から立て直してきましたね。さすがです!

リンス選手は前回のアメリカGPでは優勝しています。いい調子を保てているのですね。素晴らしいです。

そして、ヴィニャーレス選手。表彰台は久しぶりですが、ヤマハファンとしては、密かに嬉しいです。

ちなみに、中上貴晶選手は9位のシングルフィニッシュでした!

次のGPでは誰が優勝するのか、楽しみですね!

 

MOTOE

レースは中止となりました!

 

 

*MOTOGP 第5戦 フランスGP  結果速報*

5月18日(土)予選レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位 ジョン・マクフィー(ペトロナス・スプリンタ・レーシング)
  • 第2位 トニー・アルボリーノ(VNE・スナイパーズ)
  • 第3位 小椋藍(ホンダ・チーム・アジア、ルーキー)

 

今年の日本人ライダーは熱い!パート2!

第4戦スペインGPに引き続き、ルーキーの小椋藍選手が予選で3位を獲得しました。第1戦の鳥羽選手、第4戦の鈴木選手に引き続き、小椋選手もやりましたね!このまま、決勝レースでは初表彰台目指してがんばって欲しいですね!

 

MOTO2

  • 第1位 ホルヘ・ナヴァッロ(スピードアップ、スピードアップ)
  • 第2位 トーマス・ルーティ(ダイナボルト・インタクトGP
  • 第3位 アレックス・マルケス(EG 0,0 マークVDS)

 

第3位のアレックス・マルケス選手は、MOTOGPのライダーのマルク・マルケス選手のさんです。

第3戦、第4戦と3戦連続でフロントローを獲得していますね。今年のアレックス選手は調子がいいですね!

このまま、決勝レースで勝てるといいですね!きっと勝てると思います!

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ・チーム)
  • 第3位 ジャック・ミラー(プラマック・レーシング)

 

やはり、マルク・マルケス選手がポールを獲得しましたね!

そして、なんといっても、注目なのが、ダニーロ・ペトルッチ選手今日は出だしから調子がいいようです。

優勝?!なんて言葉がよぎります。

優勝めざして、がんばれ!

ちなみに、日本人選手の中上選手は、7番手のポジション獲得です!

 

MOTOE

 レースは中止となりました!

理由は・・・

スペインGPの公式テスト中の3月14日未明、サーキットのパドック内で火災が発生して、関連機材の大部分が損失しました。

この事態を受け、5月に予定されていたスペインGPでのMotoE開幕戦の見送りが発表されました。

ここまでは前回お話ししましたが、この火災でマシンも全て焼失したようで、わずか2週間後の第5戦には間に合うわけもなく、フリー走行すらされていないようです。

7月開催の第9戦ドイツGPには間に合って欲しいですね!レースがどんな感じになるか、見てみたいので。

 

–5月19(日)決勝レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位  ジョン・マクフィー(ホンダ、ペトロナス・スプリンタ・レーシング)
  • 第2位  ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、レオパード)
  • 第3位 アロン・カネト(KTM、マックス・レーシングニッコロー・アントネッリ)

 

予選3位の小椋藍選手は、1周目、3番手でしたが、10コーナーでハイサイドをおこし転倒してしまいました。そのまま、リタイヤでした。残念!次回はがんばって!

予選1位のマクフィー選手がポールからの安定した走りで、そのまま、優勝しました。2位、3位はいつもの常連選手がしめました。

前回第4戦で、第2位になった鈴木竜生選手ですが、4番手からのスタートでしたが、トップを奪ってレースをけん引。そのあとはトップ争いを展開しながら先頭集団で走行していたが、17周目の3コーナーでリヤタイヤを滑らせて転倒。ここでリタイアとなり、レースを終えました。

次回もトップ集団で優勝を争うような走りを期待してますよ!

 

MOTO2

  • 第1位 アレックス・マルケス(EG 0,0 マークVDS)
  • 第2位 ホルヘ・ナヴァッロ(スピードアップ、スピードアップ)
  • 第3位 アウグスト・フェルナンデス(カレックス、Flexbox HP40)

 

アレックス・マルケス選手、兄弟アベック優勝、おめでとうございます!

1年半ぶりの優勝、アベック優勝に関しては、アレックス選手がMOTO3だったころ以来ですね!

ほんとに、今年は調子が良いアレックス選手!次回戦も、優勝目指してがんばれ!

ちなみに、日本人選手の長島哲太選手は、最後列の31番グリッドからスタートしたにもかかわらず、見事な追い上げを見せ、11位でフィニッシュしました。すごい追い上げですね!次回はトップ3に入れるように、がんばって!

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)
  • 第3位 ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティファクトリー)

 

やはり、マルク・マルケス選手、来ましたね!そして、兄弟アベック優勝、おめでとうございます!

予選では最悪のコンディションの中、転倒もあったりしましたが、決勝レースでポールトゥウインしましたね。

そして、今回はドカティ軍団が2位、3位、4位(ジャック・ミラー)を独占しました。すごいです!

活きる伝説の、バレンティーノ・ロッシ選手は、第5位でした。

そして、日本人ライダーの中上選手は、転倒してしまい、リタイヤしてしまいました。残念。次回戦では、がんばって!

次回は誰が優勝するか、楽しみです!

 

MOTOE

レースは中止となりました!

 

*MOTOGP 第6戦 イタリアGP  結果速報*

6月1日(土)予選レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位 トニー・アルボリーノ(ホンダ、スナイパーズ)
  • 第2位 ガブリエル・ロドリーゴ(ホンダ、グレジーニ)
  • 第3位 ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、レオパード)

 

前回から調子の良い、密かに応援しているトニー選手。予選でやっと、ポールポジションを取りました。嬉しいです!

3位のダッラ・ポルタ選手や2位のロドリーゴ選手はやはり、1列目に来ましたねー!常連の登場です!

優勝レースでは、どうなるのか、とても楽しみです!

 

MOTO2

  • 第1位 マルセル・シュロッター(カレックス、ダイナヴォルト)
  • 第2位 トーマス・ルーティ(カレックス、ダイナヴォルト)
  • 第3位 アレックス・マルケス(EG 0,0 マークVDS)

 

今回もMOTOGPのマルク・マルケス選手の弟くん、アレックス・マルケス選手が入ってきましたねー!

今回は何かやってくれそうな予感がしてます。もしかしたら、ありえますね!2戦連続の兄弟アベック優勝!?

そして、シュロッター選手やルーティ選手も調子があがってきてますよ!

今回も見ごたえ十分の優勝レースになるのではないでしょうか!

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)
  • 第3位 ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティファクトリー)

 

またもやマルケス選手、ポール獲得です!MOTOGPで56回目のポール獲得です。すごいなぁ・・

そして、ルーキーのクアルラタロー選手!2番目獲得です!

ほんとに、今年はルーキーの活躍がめざましく、マルケス選手をも脅かしそうな勢いですね!

楽しみなシーズンになりそうですね!

 

–6月2日(日)決勝レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位 トニー・アルボリーノ(ホンダ、スナイパーズ)
  • 第2位 ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、レオパード)
  • 第3位 ジャウメ・マシア(KTM、Bester Capital Dubai)

 

トニー選手!!!やりましたね~!!トニー選手のホームサーキットで初優勝!しかも、ポール・トゥ・ウィン。

嬉しいだろうなぁ!マルも嬉しいです!応援のかいがありました!ほんとに、おめでとうございます!

前回のレースでは、予選では調子良かったのに、決勝レースでは難しかったですね。

次回もこの良い感じを保ちつつ、また、ワクワクするレースをして欲しいです!

 

MOTO2

  • 第1位  アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS)
  • 第2位  ルーカ・マリーニ(カレックス、VR46)
  • 第3位 トーマス・ルーティ(カレックス、ダイナヴォルト)

 

アレックス選手!!素晴らしい!前回から2戦連続優勝!とても調子がいいのがわかりますね!

兄のマルク・マルケス選手も喜んでいましたね!兄弟してすごい才能が開花してますね!おめでとうございます!

そしてそして、第2位のルカ選手!カレは生きる伝説のロッシ選手の異父弟です。やはり、マルケス兄弟同様、血はすごいですね!ロッシ選手のライダーの才能の血と同じものが流れているのがわかりますね!

ルカ選手とアレックス選手は、今後、表彰台の常連になるのではないでしょうか?マルは予想します!

次回のレースが楽しみでしかたありません!

 

 

MOTOGP

  • 第1位  ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティファクトリー)
  • 第2位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第3位 アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)

 

ペトルッチ選手!おめでとうございます!マルが興味が出てMOTOGPを見るようになってからは、初めて表彰台にあがったのを見ました。

実際のペトルッチ選手は、元ドカティのロレンソ選手がホンダへ移籍し、後任にと公表されて以来、批判とプレッシャーがものすごかったそうです。そんな中での優勝!

そんな批判やプレッシャーなんて、はねのけて、素晴らしいです。やってやったぞーって感じでしょうか?

次回も期待してますよ!

 

そんな中、びっくりの順位が・・なんと、日本人ライダーの中上貴晶選手!自己ベストを更新しての、堂々の5位!

レース終了後の様子を見ましたが、かなり喜んでいましたね!そりゃ嬉しいですよ。おめでとうございます!

今度は表彰台にあがっている中上選手を見たいなー!

 

生きる伝説のロッシ選手は、第8ラップで転倒し、リタイヤしました。残念です!次回に期待しましょう!

 

ここまで、6戦終了しましたが、今までとは違った展開になってきていて、次のレースでは何が起きるか、ワクワクしています。

どんなドラマが起きるか、楽しみですね!

 

 

*MOTOGP 第7戦 カタルーニャGP  結果速報*

6月15日(土)予選レース結果–

MOTO3

  • 第1位 ガブリエル・ロドリゴ(ホンダ、グレジーニ)
  • 第2位 小椋藍(ホンダ、ホンダチーム・アジア、ルーキー)
  • 第3位 トニー・アルボリーノ(ホンダ、スナイパーズ)

 

第1位のロドリゴ選手は、両腕の腕上がりの手術を受けたばかりでしたががんばりましたね!

そして、第2位には日本人ライダールーキー小椋藍選手が入りました!ルーキーにて予選2位は素晴らしいですね!

そして、第3位には密かに応援している、アルボリーノ選手が入りました。優勝に向けて、各選手、がんばって欲しいですね!

 

 

MOTO2

  • 第1位 アウグスト・フェルナンデス(カレックス、Flexbox HP40)
  • 第2位 トーマス・ルティ(カレックス、ダイナヴォルト)
  • 第3位 サム・ロウズ(カレックス、グレジーニ)

 

第1位のフェルナンデス選手は、MOTO2での初ポールポジション獲得です。マルはもうポールポジションに立っていたと思っていたので、びっくりしています。

第2位のルティ選手は予選レースでは常連のようにいつも上位に食い込んできますが、今回もきましたね!

第3位のロウズ選手。フロントローからのスタート、おめでとうございます!

決勝レースでは誰が優勝するか、楽しみな予選結果です!

 

MOTOGP

  • 第1位 ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT、ルーキー)
  • 第2位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第3位 マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)

 

第1位のクアルタラロー選手は前々回から2回目のポールポジション獲得です!ルーキーなのに、やりますねぇ!

しかも、腕上がりの手術受けたばかりです。他のライダーもウカウカしてられませんね!

第2位にはマルケス選手。やはり速いですね!

そして、第3位のヴィニャーレス選手ですが、終盤に予選が終了したものと勘違いし、ファンに手を振るため第9コーナーで減速してしまって、高速走行をしていたクアルタラロー選手を妨害してしまい、おそらくペナルティとなりそうです。(実際はスタートグリッド降格となりました)

これも決勝レースが楽しみな予選結果となりました!

 

–6月16(日)決勝レース結果–

MOTO3

  • 第1位 マルコス・ラミレス(ホンダ、レオパード)
  • 第2位 アロン・カネト(KTM、マックス・レーシング)
  • 第3位 チェレスティーノ・ヴィエッティ(KTM、VR46、ルーキー)

 

今回のMOTO3はめまぐるしく展開するレースとなりました。1位が変わり、誰が優勝するのかわからないという状態でした。

でも、鳥羽選手、おしかった!!終盤、鳥羽選手がトップを独走し、このままいけば優勝だ!と思っていた最終ラップで、第10コーナーで転倒!くやしかっただろうなぁ・・。最終ラップであせったのかもしれませんね。今後に期待してますよ!

 

MOTO2

  • 第1位  アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS)
  • 第2位 トーマス・ルティ(カレックス、ダイナヴォルト)
  • 第3位 ホルヘ・ナヴァッロ(スピードアップ、スピードアップ)

 

アレックス・マルケス選手、3連勝おめでとうございます!

今期はほんとうに調子が良かったみたいですね!中盤からのスタートでしたが、徐々に順位をあげて、最終的には優勝!

お兄さんのマルク・マルケス選手も喜んでいましたね!おめでとうございます!!

ルティ選手、強いですね!アレックス選手と優勝を争っているという感じです。次回も表彰台に上がると予想できますから。

第3位のナヴァッロ選手スピードアップのマシンは、カタルーニャサーキットと相性がいいと言ってたので、安定して走れた結果の表彰台ってことですね!おめでとうございます。

 

MOTOGP

  • 第1位  マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT、ルーキー)
  • 第3位 ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティファクトリー)

 

第1位のマルク・マルケス選手アレックス選手とのアベック優勝、おめでとうございます今期2回目の兄弟優勝ですね!

マルケス兄弟がこれからのMOTOGP界を背負っていくのでしょうか?

いやいや、第2位のクアルタラロー選手はルーキーながらMOTOGPでの初表彰台です。この選手はのちに、マルク・マルケス選手を脅かす存在になると思いますよ!今後に注目大です!

第3位のペトルッチ選手3戦連続表彰台おめでとうございます。前戦で優勝し、今回表彰台にあがったことで、契約更改となりそうです。やりましたね!!

 

今回、ホンダのロレンソ選手はホンダのマシンで初めて上位グループを走行中の第2ラップ、10コーナーでフロントが切れ込み転倒しました。その際に、ロッシ選手、ヴィニャーレス選手、ドヴィツィオーゾ選手を巻き込み、自身も含め上位4台リタイヤとなりました。マルケス選手は前方を走行していたため、免れました。

ロレンソ選手はまだ、ホンダのマシンとの相性が合っていないのだなと思います。ドカティの時とまるで違う走りなので、そう思えますね。

 

今回のようなことが起きたりすると、レースって何が起こるかわからないから楽しいし、面白いと感じます。

次回はどんなドラマが待っているのか、楽しみです!

 

 

*MOTOGP 第8戦 オランダGP  結果速報*

6月29日(土)予選レース結果–

MOTO3

  • 第1位 ニッコロー・アントネッリ(ホンダ、SIC58、VR46ライダーズアカデミー)
  • 第2位 鳥羽 海渡(ホンダ、ホンダチーム・アジア)
  • 第3位 トニー・アルボリーノ(ホンダ、スナイパーズ)

第2位に、日本人ライダーの鳥羽海渡選手が入りました。決勝では、第1戦のように優勝してほしいですね!

密かに応援しているトニー選手!またもや、フロントロー獲得です。今期、強いですね!がんばってください!

 

 

MOTO2

  • 第1位 レミー・ガードナー(カレックス、ONEXOX TKKR SAG)
  • 第2位 ブラッド・ビンダー(KTM、KTMアジョ)
  • 第3位 シャヴィ・ヴィエルジェ(カレックス、EGマークVDS)

お父さんがレジェンドライダー、ワイン・ガードナーの息子、レミー選手が第1位獲得です。お父さんも喜んでいることでしょう!!決勝レースでは、優勝めざしてがんばれ!!

前戦優勝のアレックス・マルケス選手は、第4位です。

 

 

MOTOGP

  • 第1位 ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)
  • 第2位 マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)
  • 第3位 アレックス・リンス(スズキファクトリー)

やりました!クアルタラロー選手2戦連続のポールポジション獲得です!予選の様子を見ていましたが、すごいアグレッシブですね!これは、マルケス選手を脅かす存在、間違いなしですね!

第2位にヴィニャーレス選手!1位2位ヤマハ勢独占です。もしかしたら、今期初のヤマハの優勝もありうるかもですね!

 

 

–6月30(日)決勝レース結果–

MOTO3

  • 第1位 トニー・アルボリーノ(ホンダ、スナイパーズ)
  • 第2位 ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、レオパード)
  • 第3位 ヤコブ・コンフェイル(KTM、Redox PruestelGP)

周回ごとに首位がかわるというレースで、誰が優勝してもおかしくない状況で、トニー選手は2勝目をあげました。

第2位のダッラ・ポルタ選手と最後の直線までもつれこみ、頭ひとつの差くらいな感じで優勝しました。きつかったのではないでしょうか。

日本人ライダーの鳥羽選手、鈴木選手は、多重クラッシュに巻き込まれ、転倒リタイヤです。

ルーキーの小椋藍選手は、第6位です。よくぞ転倒もせずに、がんばりました!

次戦でも、日本人選手の活躍に期待できますね!

 

 

MOTO2

  • 第1位 アウグスト・フェルナンデス(カレックス、Flexbox HP40)
  • 第2位 ブラッド・ビンダー(KTM、KTMアジョ)
  • 第3位 ルカ・マリーニ(カレックス、VR46)

キャリア初優勝したのは、アウグスト・フェルナンデス選手。喜びもひとしおだったのではないでしょうか。

第3位のルカ選手は、レース中、ギアに問題が生じていたため、苦労してたのですが、転倒などで選手がリタイヤする中、がんばって表彰台にあがりました。まさに、タナボタですね!

連続優勝していた、アレックス・マルケス選手は、ラスト2周、首位を走行中にバルダッサッリ選手の転倒に巻き込まれて、リタイヤでした。

次のレースも楽しみですね!

 

 

MOTOGP

  • 第1位  マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)
  • 第2位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第3位 ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)

ヤマハ今季初優勝!!マルはなんか嬉しいです!

そして、2戦連続表彰台のファビオ・クアルタラロー選手!マルケス選手との攻防は目をみはるものがあり、将来この2人の攻防が普通に行われるようなレースを見せてくれました。次世代のトップ誕生か?!楽しみですね!

ロッシ選手は、フロントが流れ、中上選手を巻き込んで、転倒リタイヤです。中上選手の怪我はたいしたことなかったそうです。

次のレースも出ますよ!

マルケス選手はリアにソフトタイヤを選んで、終盤、きつかったのではないでしょうか?優勝を逃しても、0ポイントを避けたようにも思えます。

次レースは誰が優勝するか、楽しみですね!

 

 

 

*MOTOGP 第9戦 ドイツGP  結果速報*

7月6日(土)予選レース結果–

MOTO3

  • 第1位 佐々木 歩夢(ペトロナススプリントレーシング)
  • 第2位 鳥羽 海渡(ホンダチームアジア)
  • 第3位 マルコス・ラミレス(ホンダ、レオパード)

 

MOTO2

  • 第1位 アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS)
  • 第2位 ルカ・マリーニ(カレックス、VR46)
  • 第3位 マルセル・シュロッター(カレックス、ダイナヴォルト)

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)
  • 第3位 マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)

 

MOTOE

  • 第1位 Niki TUULI(アジョ MoToE)
  • 第2位 Hector GARZO(テック3 E-レーシング)
  • 第3位 Eric GRANADO(Avintia Esponsoramaレーシング)

 

 

–7月7(日)決勝レース結果–

MOTO3

  • 第1位 ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、レオパード)
  • 第2位 マルコス・ラミレス(ホンダ、レオパード)
  • 第3位 アロン・カネト(KTM、マックス・レーシング)

 

MOTO2

  • 第1位 アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS)
  • 第2位 ブラッド・ビンダー(KTM、KTMアジョ)
  • 第3位 マルセル・シュロッター(カレックス、ダイナヴォルト)

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)
  • 第3位 カル・クラッチロー(LCR ホンダ)

 

MOTOE

  • 第1位 Niki TUULI(アジョ MoToE)
  • 第2位 Bradley SMITH(ワンエナジーレーシング)
  • 第3位 Mike DI MEGLIO(EGマークVDS)

 

予選では、MOTO3で日本人15年ぶりのポールポジションを、佐々木歩夢選手が獲得しました!しかも、フロントロー、2人の日本人!日本人選手、いいですねー!

 

今回、マルケス兄弟がポールトゥウインをアベックで成し遂げました!アレックス選手がポールトゥウインを達成すると、兄のマルク選手がとても喜んで、兄弟で抱き合っていました。よほど、嬉しかったのでしょう!前回のレースでは、ふたりして優勝を逃しています。仲よすぎ!すごい兄弟ですね!

それと、今回からやっと、MOTOEの初レースが開催されました!ニキ選手はポールトゥウインです。

やはり、第2位、3位には、知れた選手が入りましたね!

これから選手たちは、夏休みに入ります。次戦は、一か月後ですよ!長期休暇を挟んで、また、どう変わるか、楽しみですね!

 

*MOTOGP 第10戦 チェコGP  結果速報*

 

8月3日(土)予選レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位  トニー・アルボリーノ #14 (ホンダ、スナイパーズ)
  • 第2位 ジョン・マクフィー #17(ホンダ、ペトロナス・スプリンタ・レーシング)
  • 第3位 ニッコロー・アントネッリ #23(ホンダ、SIC58、VR46ライダーズアカデミー)

 

MOTO2

  • 第1位 アレックス・マルケス #73(カレックス、EGマークVDS)
  • 第2位 サム・ロウズ #22(カレックス、グレジーニ)
  • 第3位 ロレンツォ・バルダッサッリ #7(カレックス、Flexbox HP40)

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス #93(ホンダファクトリー)
  • 第2位 ジャック・ミラー#43(ブラマック・レーシング)
  • 第3位 ヨハン・ザルコ #5(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)

 

 

–8月4日(日)決勝レース結果–

MOTO3

  • 第1位 アロン・カネト #44(KTM、マックス・レーシング)
  • 第2位 ロレンツォ・ダッラ・ポルタ #48(ホンダ、レオパード)
  • 第3位 トニー・アルボリーノ #14 (ホンダ、スナイパーズ)

 

MOTO2

  • 第1位 アレックス・マルケス #73(カレックス、EGマークVDS)
  • 第2位 F・ディ・ジャンアントニオ #21((スピードアップ、スピードアップ)
  • 第3位 E・バスティアニーニ #33(ITALR\TRANS レーシングチーム)

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス #93 (ホンダファクトリー)
  • 第2位 アンドレア・ドビッチオーゾ #4 (ドカティーチーム)
  • 第3位 ジャック・ミラー #43 (ブラマック・レーシング)

 

2回連続の、マルケス兄弟ポールトゥウインでした!お互いのレースで喜んでいたのが印象的でした!

 

今回は、レインタイヤにするか、スリックタイヤにするか、判断が難しいというレースでした。適格な判断やメカニックの作業の速さがこのレースの運命を分けたのではないでしょうか?

 

マルケス兄弟!次戦もやってくれますかね?3回目のポールトゥウイン!

次戦もどうなるか、ワクワクしますね!

 

 

*MOTOGP 第11戦 オーストリアGP  結果速報*

 

8月10日(土)予選レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位  ジョン・マクフィ(ホンダ、ペトロナス・スプリンタ)
  • 第2位 鈴木 竜生(ホンダ、SIC58)
  • 第3位 ロマーノ・フェナーティ(ホンダ、スナイパーズ)

 

MOTO2

  • 第1位 長島 哲太(カレックス、ONEXOX TKKR SAG)
  • 第2位 ブラッド・ビンダー(KTM、KTMアジョ)
  • 第3位 Somkiat CHANTRA(カレックス、ホンダチーム・アジア)

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)
  • 第3位 アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)

 

MOTOE

  • 第1位 マイク・ディ・メーリョ(Marc VDS)
  • 第2位 シャビエル・シメオン(Avintia Racing)
  • 第3位 ブラッドリー・スミス(One Energy Racing)

 

 

–8月11日(日)決勝レース結果–

 

 

MOTO3

  • 第1位  ロマーノ・フェナーティ(ホンダ、スナイパーズ)
  • 第2位 トニー・アルボリーノ(ホンダ、スナイパーズ)
  • 第3位 ジョン・マクフィ(ホンダ、ペトロナス・スプリンタ)

 

MOTO2

  • 第1位 ブラッド・ビンダー(KTM、KTMアジョ)
  • 第2位 アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS)
  • 第3位 ホルヘ・ナヴァッロ(スピードアップ、スピードアップ)

 

MOTOGP

  • 第1位 アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)
  • 第2位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第3位 ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)

 

MOTOE

  • 第1位 マイク・ディ・メーリョ(Marc VDS)
  • 第2位 シャビエル・シメオン(Avintia Racing)
  • 第3位 ブラッドリー・スミス(One Energy Racing)

 

—–また、MOTOE機火災発生!—–

8月9日(金)、オーストリアサーキット内で充電ステーションで充電中だった、ニキ・トゥーリ選手のMOTOE機が爆発し、火災が発生しました。

今年3月に起きた火災の教訓から、速やかに消火できて、大規模火災にはならなかったので、予定通り、レースは開催されました。

 

ガソリン車よりも、火災のリスクが高いんだなということがわかりましたね。

 

 

*MOTOGP 第12戦 イギリスGP  結果速報*

8月24日(土)予選レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位 トニー・アルボリーノ(ホンダ、スナイパーズ)
  • 第2位 ロレンツォ・ダッラ・ポルタ (ホンダ、レオパード)
  • 第3位 ラウル・フェルナンデス(KTM、アンヘルニエト)

 

MOTO2

  • 第1位 アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS)
  • 第2位 ホルヘ・ナヴァッロ(スピードアップ、スピードアップ)
  • 第3位 アウグスト・フェルナンデス(カレックス、Flexbox HP40)

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)
  • 第3位 ジャック・ミラー (ブラマック・レーシング)

 

ホンダのファクトリーライダーのホルヘ・ロレンソ選手が3戦ぶりに復活しましたよ!でも、まだ、どことなくぎこちないライディングです。徐々に慣らしていって、あのドカティのときのようなロレンソ選手に戻って欲しいですね。

これからの活躍を期待してます!

 

またまた、マルケス兄弟が仲良くアベック1位!優勝レースも予選と同じになるのか、注目ですね!

そして、なんと言っても、生きる伝説ヤマハのロッシ選手が2位で、優勝レースは久しぶりの1列目からのスタートです。

マルは思わず、拍手してしまいました。がんばれ、ロッシ選手!こちらも目が離せませんね!!

–8月25日(日)決勝レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位  マルコス・ラミレス(ホンダ、レオパード)
  • 第2位 トニー・アルボリーノ(ホンダ、スナイパーズ)
  • 第3位 ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、レオパード)

 

MOTO2

  • 第1位 アウグスト・フェルナンデス(カレックス、Flexbox HP40)
  • 第2位 ホルヘ・ナヴァッロ(スピードアップ、スピードアップ)
  • 第3位 ブラッド・ビンダー(KTM、KTMアジョ)

 

MOTOGP

  • 第1位 アレックス・リンス(スズキファクトリー)
  • 第2位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第3位 マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)

 

MOTO3では、3位のダラポルタ選手最終ラップでアルボリーノ選手やラミレス選手に抜かれてしまいました。タイヤがもたなかったようです。

MOTO2では、第5ラップでアレックス・マルケス選手が転倒リタイヤしたあとに、ずっとナヴァッロ選手が首位を独走してましたが、最終ラップでフェルナンデス選手に抜かれてしまいました。厳しいレースだったようですね。

MOTOGPでは、レース後半からずっとマルク・マルケス選手とリンス選手が争っていましたが、最終ラップのゴール目の前の直線まで競って、リンス選手のマシンがゴールラインよりもわずか出てて(競馬で言ったら、鼻の差みたいな感じ)優勝となりました。

 

今回のイギリスGPは、最終ラップまでわからないというレースばかりでした。見る側としては、ほんと、気が抜けないし、最後まで見ないとわからないので、最終ラップで何か起きるのでは?とワクワクしてしまいますね!

 

次戦は、サンマリノGPです!どんなレースが待っているのか、楽しみですね!

 

—-ドヴィツィオーゾ選手、転倒リタイヤ—-

アンドレア・ドヴィツィオーゾ選手は、第1ラップで転倒したクアルタラロー選手のマシンに衝突し、転倒リタイヤしました。マシンは炎上しました。一時的に記憶を失い、病院へ搬送され、腰に痛みあるようです。次戦は欠場かな?心配ですね!

 

*MOTOGP 第13戦 サンマリノGP  結果速報*

 

9月14日(土)予選レース結果–

MOTO3

  • 第1位  タツキ・スズキ(ホンダ、SIC58)
  • 第2位  アロン・カネ(KTM、マックス・レーシング)
  • 第3位  トニー・アルボリーノ(ホンダ、スナイパーズ)

 

MOTO2

  • 第1位  ファビオ・ディ・ジャンナントニオ(スピードアップ、スピードアップ)
  • 第2位  アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS)
  • 第3位  アウグスト・フェルナンデス(カレックス、Flexbox HP40)

 

MOTOGP

  • 第1位  マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)
  • 第2位  ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー)
  • 第3位  ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)

 

MOTOE

  • 第1位  アレックス・デ・アンジェリス(OCTO Pramac MotoE)
  • 第2位  マッテオ・フェラーリ(TRENTINO Gresini MotoE)
  • 第3位  シャビエル・シメオン(Avintia Esponsorama Racing)

 

–9月15日(日)決勝レース結果–

MOTO3

  • 第1位  タツキ・スズキ(ホンダ、SIC58)
  • 第2位 ジョン・マクフィ(ホンダ、ペトロナス・スプリンタ)
  • 第3位 トニー・アルボリーノ(ホンダ、スナイパーズ)

 

MOTO2

  • 第1位  アウグスト・フェルナンデス(カレックス、Flexbox HP40)
  • 第2位 ファビオ・ディ・ジャンナントニオ(スピードアップ、スピードアップ)
  • 第3位 アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS)

 

MOTOGP

  • 第1位  マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位  ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT
  • 第3位 マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)

 

MOTOE

  • 第1位  マッテオ・フェラーリ(TRENTINO Gresini MotoE)
  • 第2位  エクトル・ガルゾ(Tech 3 E-Racing)
  • 第3位  マッティア・カザデイ(Ongetta SIC58 Squadracorse)

 

MOTO3で、日本人ライダーの鈴木竜生選手がポールトゥウインを達成しました。5年間やってきて、初の優勝です。

おめでとうございます!

マルはテレビで見ていましたが、優勝が決まった瞬間、思わず、手を叩いて喜んでしまいました。嬉しい!!

アラゴンGPではどうなるのか、注目してみていきたいと思います。

 

 

*MOTOGP 第14戦 アラゴンGP  結果速報*

 

9月21日(土)予選レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位  アロン・カネ(KTM、マックス・レーシング)
  • 第2位  アイ・オグラ(ホンダ、ホンダチーム・アジア)
  • 第3位  カルロス・タタイ(KTM、Fundacion Andreas Perez 77)

 

MOTO2

  • 第1位  アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS)
  • 第2位  アウグスト・フェルナンデス(カレックス、Flexbox HP40)
  • 第3位  ブラッド・ビンダー(KTM、KTMアジョ)

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)
  • 第3位  マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)

 

MOTO3では、ルーキーの日本人ライダー、小椋 藍選手が初のフロントロー獲得しました。

決勝戦では、連続の日本人ライダー表彰台となるのか、楽しみですね!

そして、兄弟揃ってのポールポジション獲得となった、マルケス兄弟。また、兄弟揃っての優勝となるのか、注目ですね。

 

–9月22日(日)決勝レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位  アロン・カネ(KTM、マックス・レーシング)
  • 第2位  アイ・オグラ(ホンダ、ホンダチーム・アジア)
  • 第3位  デニス・フォッジャ(KTM、VR46)

 

MOTO2

  • 第1位  ブラッド・ビンダー(KTM、KTMアジョ)
  • 第2位  ホルヘ・ナヴァッロ(スピードアップ、スピードアップ)
  • 第3位  アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS)

MOTOGP

  • 第1位  マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位  アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)
  • 第3位  ジャック・ミラー(ドゥカティ・プラマック)

 

MOTO3では、ルーキーの日本人ライダー、小椋 藍選手が第2位、初表彰台となりました。おめでとうございます!

最近、MOTO3では、日本人ライダーの活躍が良いですね。そのうち、表彰台日本人ライダー独占なんてこともあるのでしょうか?楽しみに注目していきましょう。

そして、マルケス兄弟は今シーズン3回目の兄弟揃ってのポールトゥウインとはなりませんでした。

次のレースではマルク・マルケス選手の年間チャンピオンが決まるかどうか、これも注目していきたいですね。

 

 

*MOTOGP 第15戦 タイGP  結果速報*

 

10月5日(土)予選レース結果–

MOTO3

  • 第1位  チェレスティーノ・ヴィエッティ(KTM、VR46)
  • 第2位  マルコス・ラミレス(ホンダ、レオパード)
  • 第3位  アルベルト・アレーナス(KTM、アンヘル・ニエト)

 

MOTO2

  • 第1位  アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS
  • 第2位  テツタ・ナガシマ(カレックス、ONEXOX TKKR SAG)
  • 第3位  ホルヘ・マルティン(KTM、KTMアジョ)

 

MOTOGP

  • 第1位 ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)
  • 第2位 マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)
  • 第3位  マルク・マルケス(ホンダファクトリー)

 

 

–10月6日(日)決勝レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位   アルベルト・アレーナス(KTM、アンヘル・ニエト)
  • 第2位  ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、レオパード)
  • 第3位  アロンソ・ロペス(ホンダ、エストレージャ・ガリシア)

 

MOTO2

  • 第1位   ルカ・マリーニ(カレックス、VR46)
  • 第2位  ブラッド・ビンダー(KTM、KTMアジョ)
  • 第3位  イケル・レクオナ(KTM、American Racing KTM)

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)
  • 第3位 マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)

 

今回、MOTO3の決勝では、トップが入れ代わり立ち代わり、変わっていて、そのままの流れで、優勝者が決まりました。

最後まで集団での走行は続きました。一時、日本人ライダーの鈴木竜生選手がトップに出ましたが、他のライダーの接触事故に巻き込まれ、転倒リタイヤとなってしまいました。残念!!

MOTO2では、ポールポジションからのスタートだったアレックス・マルケス選手は、おしくも表彰台には上がれませんでした。日本GPでの走りに期待しましょう!!

MOTOGPでは、ポールポジションからのスタートとなった、クワンタハッホ選手がそのまま、トップを走って、マルク・マルケス選手とバトルを繰り広げましたが、最終ラップの最終コーナーで、マルケス選手に抜かれました。

マルケス選手、すごい!!

そして、タイGPで、マルク・マルケス選手の年間チャンピオンが確定しました。

去年は日本GPで確定しましたが、今回は日本GP待たずして、決まってしまいました。

通算、8回目の年間チャンピオン!!26歳の若さにして、すごいですね!!おめでとうございます。

 

来年は、クワンタハッホ選手も年間チャンピオン争いに関わってくると思います。マルケス選手の強力なライバル現るですね!!

 

*MOTOGP 第16戦 日本GP  結果速報*

 

10月19日(土)予選レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位  ニッコロー・アントネッリ(ホンダ、SIC58、VR46ライダーズアカデミー)
  • 第2位  アロンソ・ロペス(ホンダ、エストレージャ・ガリシア)
  • 第3位  タツキ・スズキ(ホンダ、SIC58)

 

MOTO2

  • 第1位  ルカ・マリーニ(カレックス、VR46)
  • 第2位  アウグスト・フェルナンデス(カレックス、Flexbox HP40)
  • 第3位  ロレンツォ・バルダッサッリ(カレックス、Flexbox HP40)

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 フランコ・モルビデッリ(ヤマハ・ペトロナスSRT)
  • 第3位  ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)

 

 

–10月20日(日)決勝レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位  ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、レオパード)
  • 第2位  アルベルト・アレーナス(KTM、アンヘル・ニエト)
  • 第3位  チェレスティーノ・ヴィエッティ(KTM、VR46)

 

MOTO2

  • 第1位  ルカ・マリーニ(カレックス、VR46)
  • 第2位  トーマス・ルーティ(カレックス、ダイナヴォルト)
  • 第3位  ホルヘ・マルティン(KTM、KTMアジョ)

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)
  • 第3位 アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)

 

今年もマルは、現地ツインリンクもてぎで観戦しました。

タイGPで優勝を決めた、マルク・マルケス選手は決勝レースでも余裕の走りをしてましたね。ですが、残り2周あたりで、燃料の警告ランプがついたそうです。でも、あせることなく、走っていましたね。すごい!

伝説のロッシ選手は、今年ももてぎで転倒リタイヤという結果に・・・。残念

そして、ファビオ選手は、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得しました!おめでとうございます!

今回も、マルケス選手を脅かす走りをしていましたね。この二人のライダー、目が離せません!!

 

*MOTOGP 第17戦 オーストラリアGP  結果速報*

 

10月26日(土)予選レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位  マルコス・ラミレス
  • 第2位  アロン・カネト
  • 第3位  アルバート・アレナス

 

MOTO2

  • 第1位  ジョージ・ナバッロ
  • 第2位  ブラッド・ビンダー
  • 第3位  ルカ・マリーニ

 

MOTOGP

FP4のセッション中、ミゲル・オリベイラ選手が転倒!そのまま、予選レースは赤旗中止となりました。

予選レースQ1、Q2は、27日(日)の決勝レース前に、行われることになりました。

 

中止前の順位は次の通りです。

  • 第1位 マルク・マルケス
  • 第2位  マーベリックス・ヴィニャーレス
  • 第3位  ポル・エスパロガロ

 

27日(日)予選の結果は、次の通りです。

  • 第1位 マーベリックス・ヴィニャーレス
  • 第2位   ファビオ・クワンタハッホ
  • 第3位   マルク・マルケス

 

–10月27日(日)決勝レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位  ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、レオパード)
  • 第2位  マルコス・ラミレス(ホンダ、レオパード) 
  • 第3位  アルベルト・アレーナス(KTM、アンヘル・ニエト)

 

MOTO2

  • 第1位  ブラッド・ビンダー(KTM、KTMアジョ)
  • 第2位  ホルヘ・マルティン(KTM、KTMアジョ)
  • 第3位  トーマス・ルーティ(カレックス、ダイナヴォルト)

 

MOTOGP

  • 第1位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第2位 カル・クラッチロー(ホンダLCR)
  • 第3位 ジャック・ミラー(ドゥカティ・プラマック)

予選でポールだった、ヴィニャーレス選手は、転倒リタイヤでした。ヤマハ勢は惨敗でしたね。

次戦に期待しましょう!

 

*MOTOGP 第18戦 マレーシアGP  結果速報*

 

11月2日(土)予選レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位  マルコス・ラミレス(ホンダ、レオパード)
  • 第2位  タツキ・スズキ(ホンダ、SIC58)
  • 第3位  ジョン・マクフィ(ホンダ、ペトロナス・スプリンタ)

 

MOTO2

  • 第1位  アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS)
  • 第2位  テツタ・ナガシマ(カレックス、ONEXOX TKKR SAG)
  • 第3位  ブラッド・ビンダー(KTM、KTMアジョ)

 

MOTOGP

  • 第1位 ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)
  • 第2位 マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)
  • 第3位 フランコ・モルビデッリ(ヤマハ・ペトロナスSRT)

 

日本人ライダーがフロントロー獲得!MOTO3、MOTO2共!

マルク・マルケス選手が予選レースで転倒リタイヤ。11番グリッドからの決勝レーススタートなります!

 

–11月3日(日)決勝レース結果–

 

 

MOTO3

  • 第1位  ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、レオパード)
  • 第2位  セルジオ・ガルシア(ホンダ、エストレージャ・ガリシア)
  • 第3位  ジャウメ・マシア(KTM、Mugen Race)

 

MOTO2

  • 第1位  ブラッド・ビンダー(KTM、KTMアジョ)
  • 第2位  アレックス・マルケス(カレックス、EGマークVDS)
  • 第3位  トーマス・ルーティ(カレックス、ダイナヴォルト)

 

MOTOGP

  • 第1位 マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)
  • 第2位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第3位  アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー)

 

 

*MOTOGP 第19戦 バレンシアGP  結果速報*

11月16日(土)予選レース結果–

MOTO3

  • 第1位  アンドレア・ミーニョ(KTM Mugen Race)
  • 第2位  マルコス・ラミレス(ホンダ、レオパード)
  • 第3位  アロン・カネ(KTM、マックス・レーシング)

 

MOTO2

  • 第1位 ホルヘ・ナバッロ(スピードアップ・スピードアップ)
  • 第2位 ホルヘ・マルティン(KTM、KTMアジョ)
  • 第3位  ステファノ・マンツィ(MVアグスタ、フォワード)

 

MOTOGP

  • 第1位 ファビオ・クアルタラロー(ヤマハ・ペトロナスSRT)
  • 第2位 マルク・マルケス(ホンダファクトリー)
  • 第3位 ジャック・ミラー(ドカティ・プラマック)

 

 

–11月17日(日)決勝レース結果–

 

MOTO3

  • 第1位  
  • 第2位  
  • 第3位 

 

MOTO2

  • 第1位  
  • 第2位 
  • 第3位  

 

MOTOGP

  • 第1位 
  • 第2位 
  • 第3位 

 

(※ レースがまだ、開催されていません。開催されましたら、随時更新いたしますので、お待ちください!)

 

 

*まとめ*

 

2019年のMOTOGPがもうすぐはじまります!今年はどんなレースが繰り広げられるか、楽しみですね!

 

マルは、2018年同様、2019年の日本GPを見に、ツインクルもてぎまで行く予定です。1年に1回の楽しみです!

その時の様子もここで書きますね!

 

ここでは、MOTOGPやMOTOEのレース結果を第1戦から最終戦まで、いち早く速報としてご紹介しますので、レースが行われるたびに、見に来てくれたらうれしいです。

 

新しいヒーローが誕生するのか、楽しみです!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*