バイク花粉症対策のオススメは?フルフェイス用のマスクやゴーグルもご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
花粉症筋膜ヨガ1

みなさま、こんにちは!マルです。

目や鼻がヤバいこの季節、花粉症の季節がそろそろやってきます!

というか、2月9日に東京で花粉飛散が確認されました!

花粉症ライダーにとっては、年に1回のイヤな地獄の季節です。

普段の生活でもマスクなしではいられないけど、バイクには乗りたい!でも、マスクしてヘルメットをかぶると苦しくなってしまいますね。目はウサギのように真っ赤になってかゆくて、異物がゴロゴロ。うわーーとなってしまって、大変ですよね!

市販の薬もたいていは眠気をもよおす成分が入ってて、バイク乗りには不向きなものが多くて、どうしたらいいのか。

桜やかわいいお花が綺麗な季節の春、花粉症の症状を抑えて快適にバイクライフを過ごす方法はないのか、模索してしまいますよね?(マルも泣きながら、バイクに乗ってました!)

 

そこで、ここでは、

 

  • 花粉から完全ガード!バイク専用対策グッズ
  • バイク花粉症の薬や注射での対策法
  • バイク花粉症の鼻対策グッズ

について、ご紹介しますね!

 

 

花粉から完全ガード!バイク専用花粉症対策グッズは?*

 

やはりどんなに鼻をケアしても、流れ来る涙や目の違和感、かゆみなどはどうすることもできないです。

目薬も花粉症用はたくさんありますが、、バイクに乗った状態では風圧に負けて、効果はあまりありませんでした。

それでも少しでも症状をやわらげるためには、持ち歩いていました。

花粉から完全にガードできるような、花粉対策バイク用品はないものか、調べてみたところ、次の5つのものがでてきました!

  • レスプロマスク
  • レスプロマスクスカーフタイプ
  • PROTECTION EYEWEAR [プロテクションアイウェア] RIZE
  • バイカーシェード
  • ESS/5B(スポーツサングラス専門店オードビー)

それぞれに見て行きましょう!

 

◆ 副作用レスの鼻対策は専用マスクが最適 ◆

メディカル関係では花粉症対策に限らず、副作用がどうしてもついてまわってしまいます。

そして、薬局で手に入る花粉症対策グッズは一日を耐えることは難しいですね!

 

そこで、バイク用品店の方に、この件について聞いてみたところ、フルフェイスでも使えるとなると、やはり「レスプロマスク」がオススメですよと。

これは肌寒い今の季節の防寒にもなりますし、鼻や口はインナー活性炭フィルターに覆われてフィットするようになっていて、しっかりと密閉されるので安心です。

しかも、密閉されても息苦しくならないように左右にフィルターが取り付けられているので嬉しいですね!

そして、フィルターは交換でき清潔に保つことができます。

 

また、ジェットヘルメット用としては、スカーフタイプのものもありますよ!

価格については、単に「マスク」と考えれば割高ですが、花粉より小さいPM2.5の微粒子もキャッチできるので、最近話題の「コロナウイルス」にも効果的ですので、価格相応だと思います。

形状も、首から鼻までホールド感があり、一般のマスクのようにずれたり、隙間もできないので、大きな効果が期待でき、これはめちゃめちゃオススメの逸品と言えますね!

 

◆ 涙目や赤いうさぎ目とはおさらば!スマートなサングラス ◆

問題は鼻だけでなく目も。特に目は、運転に支障が出るので、充分気をつけなければいけません。

薬局で手に入るゴーグルというのもありますが、たいてい大きすぎてヘルメットに入りません。

マルが調べたところ、次の2つが出てきました。

  • PROTECTION EYEWEAR [プロテクションアイウェア] RIZE
  • バイカーシェード

見た感じはなかなかですが、はて、バイクで装着できるのかどうか・・・。不安があります。

ましてや、バイカーシェードのオススメのブラックは欠品!在庫ありませんでした。再入荷もない様子。

 

 

そこで、知り合いのライダーさんに聞いてみたところ、「オードビー」という日本初のスポーツサングラス専門店があるとのこと。早速調べてみました!

スポーツサングラス専門店ですが、ライダーのサングラスも取り扱っているとのこと!

特にバイク用・自転車用の花粉対策サングラスが豊富です。

他社のサングラスでも、ツルの角度や長さなど、ヘルメットに合わせる加工も行っています。

オススメのサングラスは、お店オリジナルのライダースグラスで、しっかりと目をホールドできる形状で、しかも、フルフェイスヘルメットにも干渉しないように作られています。

オードビーESS5B

出典ESS/5B|オードビー

  • 商品名:ESS/5B
  • 価格:20,000円

素材は、弾丸をもはじく米軍開発の強力なレンズで耐久性もバッチリ。

しかも偏光グラスで紫外線からも目を守る機能がありますし、デザインも素敵ですね。

 

さらに、「オードビーゴーグルキット」もありますよ。これはサングラスの淵の裏に両面テープでスポンジを貼るもので、他社グラスにも応用が可能で1,500円とリーズナブルです。風の巻き込みを軽減できるものです。

 

オードビーゴーグルキッド

出典ゴ-グルキット|オードビー

 

花粉対策が施された「オードビー」オリジナルライダーズグラスに組み込めば、密閉度とフィット感がさらに増し、かなり症状改善が期待できます。

オードビーさんのサングラスに興味のある方は、直接お問い合わせをしてみてください。

 

【オードビーさんの情報】

店舗名:オードビー東京店

住所:〒110-0005 東京都台東区上野 5-13-11 第二オリエントビル1F

電話: 03-5816-5090

営業時間:AM11:00~PM19:00(定休日:毎週火曜日・水曜日)

 

 

店舗名:オードビー大阪店

住所:〒531-0074 大阪府大阪市北区本庄東1丁目6-14

電話: 06-6467-8482

営業時間:AM10:00~PM19:00(定休日:毎週火曜日)

 

◆ 筋膜ヨガ ◆(最新情報)

薬でも注射でもなく、副作用もないヨガですが、2020年2月8日放送「世界一受けたい授業」で花粉症対策の簡単ストレッチ、筋膜ヨガが取り上げられました。

独立行政法人JSHO 東京新宿メディカルセンターの花粉症スペシャリストの石井正則先生によると、鼻づまりを治すには、 交感神経を活発にすることが大切だそうです。

そこで、この筋膜ヨガが効果的とのことです。

花粉症筋膜ヨガは、上半身の浅い筋膜を伸ばすことで交感神経を活発にし、鼻の通りを良くする簡単なストレッチです。

即効性があるので、ぜひ、やってみてください!

 

【筋膜ヨガのやり方】

① まず右手にタオルを持ち背中にタオルを回し、左手を下から持ってきて背中でタオルをギュッと掴みます。

↓ ※(タオルを後ろで右手上、左手下で縦長に持った感じですね!)

② 左の脇を締めながら、右側に体をひねります。

花粉症筋膜ヨガ1

出典花粉症筋膜ヨガ(世界一受けたい授業)|日本テレビ

③ その姿勢のまま、体を後ろに反らせ10秒間キープ!
左右を入れ替えて10秒!

筋膜ヨガ2

出典花粉症筋膜ヨガ(世界一受けたい授業)|日本テレビ

 

【ポイント】

筋膜ヨガ3

出典花粉症筋膜ヨガ(世界一受けたい授業)|日本テレビ

胸を張って反り返り、下の脇を締めることがポイント。
腕や背中や胸の筋膜が広がることで、交感神経が刺激され、
粘膜の腫れがひいて鼻の通りが良くなりますよ。

④ 10秒ずつ、右と左で1セットです。2~3時間おきにすると効果的。
無理をせず自分のペースで行いましょう。

 

バイクで出かける前や、出先でも簡単にできますね!

 

 

* バイク花粉症おすすめ対策!薬や注射での対処法 *

バイクの花粉症対策としてマスクをしてバイクで走っても、結局は風圧に負けて顔との隙間から花粉が入り込み、涙を流しながら、鼻水を流しながら走ることになってしまいますよね。

マルのような鼻がりっぱではない人にとっては、マスクも風圧によって上にずり上がってしまい、視界を遮ったり、マスクの端が目に触れたりと、場合によってはとても危険です。

補足として、市販薬などメディカル的な手段をつかって解決できる方法を紹介していきます。

 

◆ 市販の飲み薬での対応 ◆

そもそも花粉症は、飛散する花粉が鼻粘膜の鍵穴に入り込んで過剰な防御反応を引き起こす症状のことを言います。

市販の飲み薬は、この鍵穴に抗体を入り込ませて、花粉が鼻粘膜と結びつくのを防いだり、神経作用を鈍らせたりすることで症状を抑えるタイプが一般的です。

症状自体は軽減できますが、副作用として眠気を催すものが多く、一般生活はよくても、バイクの運転にはかなり影響が出てしまいます。

最近は、眠くならないものも出てきましたが、その分、効き目が悪くなったように思います。

 

◆ 鼻のレーザー治療 ◆

これは、アレルギー反応を起こす鼻の粘膜をレーザーで焼き、アレルギーを起こす場所を減らすことで症状を緩和させる治療法です。

一度の治療で2年くらい効果が持続し、再治療を受けることも可能です。

しかし、体質を改善するものではないため、粘膜が回復することで再び花粉症の症状が現れるようになります。

再治療を受けるとなると、また、費用がかさむので金銭的に大変ですね。

そもそも、レーザーで焼くなんて、怖いですし。

 

◆ ステロイド注射 ◆

医療機関で注射を打ってもらいます。

注射を打った方の話では、約1年はこれで乗り切れて、効果はバッチリ、目の症状もなかったよとのことでした。

ですが、これにも恐ろしい副作用があります。

ある医療機関の情報では、毎年10年以上この注射を受けてた方が、鼻血が大量に出て止まらないと言って、来られたそうです。

意外と危険性を認識してない人が多いとおっしゃっていました。

副作用としては、糖尿病、消火器潰瘍、骨粗鬆症、無菌性骨壊死、感染症の誘発、中枢性神経障害、高血圧、白内障、緑内障などです。

あまり、オススメできませんね。

 

◆ 貼り薬 ◆

2018年に、「サロンパス」などのテープ薬に定評のある久光製薬の初のテープ式の抗ヒスタミン薬「アレサガテープ」が発売になりました。

商品説明書によれば、貼るのは鼻ではなく、上腕部や胸部、腹部。

1日1枚貼ると24時間かけてジワジワと浸透して症状を緩和していくものです。

「貼る薬」という手軽さもあり、話題になっています。

ただ、今は医療機関で受診した時のみ、処方される薬となっています。

問題点としては

  • 同じ場所に続けて貼ると、かゆくなったり赤くなったりしやすい
  • 眠気に気を付ける必要がある

そのため、貼る場所を毎日変更するなどの工夫が必要ですし、バイクの運転も様子を見ながらにしたほうがよさそうです。

 

* バイク花粉症おすすめ対策!鼻対策グッズ編 *

 

メディカル注射や治療は副作用が怖いです。

サッとできて、薬局で簡単に手に入る花粉対策グッズはないかと調べてみました。

◆ 鼻腔マスク ◆

次の2つの鼻腔マスクをご紹介します!

  • ノーズマスクピットネオ
  • スーパーディフェンス鼻フィルタ

 

これは、一見普段と変わらないように見えますが、鼻腔に詰めて使うマスクです。

「ノーズマスクピットネオ」に関しては、洗って繰り返し使えます。

目安として1日2回ハナラックを水洗いするとして、1個につき約5日間使用できますよ。

以前のノーズマスクピットよりもやわらかになっています。

両方とも、フルフェイスヘルメットをかぶっても、ずれないし、息苦しさも無いので、バイク乗りには最高ですね!

ただ、花粉の激しいところだと30分くらいで鼻水が垂れ流しに・・・。悲惨です。

 

◆ 鼻腔塗り薬・スプレー ◆

次の2つの鼻腔塗り薬とスプレーをご紹介します!

  • アレルシャット
  • アレルブロック 花粉ガードスプレー

こうした鼻腔塗り薬はコンビニ等でも気軽に入手でき、鼻に塗るだけで、1回4時間の効果があります。

スプレーに関しては、一日1回と楽ですよ。この商品は子供も使えるので、嬉しいですね。

口コミによると、意外と効果があるようです!

この塗り薬やスプレーを持ち歩くことになりますが、使ってみて、何かを装着するという煩わしさはなく、快適でした。

症状はだいぶ抑えられていました。(少々鼻水はありました)

特に副作用がないということなので、おすすめです。

ただ、花粉の多い山などでは鼻水がでる頻度がだんだん多くなり、追いつかない感じもありました。

 

 

*まとめ*

ヒスタミン注射やレーザー治療は、ライダーとして花粉症の症状には決定的な効果をもたらしてくれます。

しかし、これらは「リスク」があるということを考えると、決して完璧な解決方法とは言えません。

リスクも低く、症状を可能な限り軽減する方法を考えるとするならば、これまでご紹介させていただいたものを組み合わせてお使いになるのが一番良いと思います。

例えばそれは、レプロスマスクをつける前に、「鼻腔塗り薬」やスプレーを十分に塗ったりすれば、より効果的だと思います。

同じように、ライダーズグラスをつける前に、日頃なじみの目薬をつけるというのもいいですね!

つまり、「絶対」ということはないわけですから、念には念を入れて副作用レスな方法を組み合わせるということが大切です。

その中で、安全かつ機能的な花粉症対策を試してみて、自分に合うものを探すというのが一番ではないかと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*