シグナスXモンスターの発売日はいつ?価格やスペックについて調べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは!マルです!

毎年発表されている、MOTOGPカラーのシグナスX!

今回は、モビスタカラーではなく、今年のヤマハのカラーである、「 Monster Energy Yamaha MotoGP Edition」のシグナスXが発売されることになりました。

 

そこで、ここでは、

  • シグナスXモンスターの発売日はいつ?
  • シグナスXモンスターの価格はいくら?
  • シグナスXモンスターのスペックは?

 

について、ご紹介していきますね!

 

 

*シグナスXモンスターの発売日はいつなの?*

 

シグナスXモンスター(CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition)の発売日は、

 

2019年9月10日(火)で、1,300台限定販売です。

 

シグナスxモンスター

出典CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP EditionYAMAHA

 

 

前回のバージョン、「Movistar Yamaha MotoGP Edition」は、2017年9月6日発売で、やはり、1,300台限定でした。

 

シグナスxモビスター

出典CYGNUS-X SR Movistar Yamaha MotoGP EditionYAMAHA

 

 

他の125CCのスクーターとは違って、結構豪華な装備となっています。これは、モビスターカラーの時から変わっていませんね。

MOTOGPのヤマハチームの選手であるロッシ選手やビニャーレス選手に少しでも近づける!そんな外観やカラーになってますよ!ロッシ選手やビニャーレス選手になりきれますね!気分はもうMOTOGP!

*シグナスXモンスターの価格はいくらなの?*

 

ところで、シグナスXモンスターの価格はいくらなんでしょうか?2017年に発売された「Movistar Yamaha MotoGP Edition」と比較してみました。

 

CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition CYGNUS-X SR Movistar Yamaha MotoGP Edition
340,200円 [消費税8%含む] (本体価格 315,000円) 329,400円 [消費税8%含む] (本体価格 305,000円)

 

本体価格からしたら、1万円モンスターカラーのほうが高いですね。

ネームバリューの違いでしょうか?それとも・・・

 

そこで、他社の同じような車種とも、比較してみました。

ただし、MOTOGPチームバイクのカラーのスクーターは、ヤマハしか発売されていませんスズキから同じ排気量125CCのMOTOGPチームバイクのカラーと同じものはありますが、スクーターではなく、ロードバイクです。

ホンダはそもそも、MOTOGPチームバイクのレプソルカラーの市販車は販売していません。なので、比較できるバイクは普通のスクーターですね。

 

車種 CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition スウィッシュ(SUZUKI) GSX-S125 ABS PCX(HONDA)
価格 340,200円 [消費税8%含む] (本体価格 315,000円) 318,600円 [消費税8%む] (本体価格 295,000円) 354,240円 [消費税8%含む] (本体価格 328,000円) 342,360円[消費税8%含む] (本体価格 317,000円)

 

スズキのスウィッシュでは、MOTOGPのカラーである、トリトンブルーメタリック(文字などははいっていない)はあります。

ただ、シグナスXモンスターと比べると、MOTOGPっぽさはないですね。なので、安いです。

そして、ロードバイク同じ排気量であるGSX-S125ではMOTOGPっぽさは満載ですが、シグナスXモンスターのようなスクーターではないので、やはり、高いですね。

ホンダの代表的なスクーター、PCXはMOTOGPカラーではないのに、シグナスXモンスターとあまり変わらない価格ですね。

総合的に考えて、シグナスXモンスターは、妥当な金額だと思います!

 

スズキウィッシュスズキGSX-S125

出典スウィッシュ|SUZUKI                               出典:GSX-S125 ABS|SUZUKI

ホンダPCX

出典PCX|HONDA

 

ということで、シグナスXモンスターのスペックを調べてみましょう。

 

*シグナスXモンスターのスペックについて、調べてみた*

シグナスXモンスターのスペックを、ホンダのPCX、スズキのスウィッシュと比較しながら、表にしてみました。(2017年発売の CYGNUS-X SR Movistar Yamaha MotoGP Editionとはあまり変わらないので、比較していません。)

 

車種 CYGNUS-X Monster Energy PCX(ホンダ) スウィッシュ(スズキ)
車名/型式 2BJ-SED8J/E31CE  (2019)  2BJ-JF81 2BJ-DV12B
全長×全幅×全高(mm) 1,890×690×1,120 1,925×745×1,105 1,830×690×1,095
シート高(mm) 775 764 760
ホイールベース(mm) 1,305 1,315 1,250
重量(kg) 119 130 114
総排気量(cc) 124 124 124
エンジン型式 空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ 水冷・4ストローク・OHC・単気筒 強制空冷・4サイクル・単気筒 / SOHC・2バルブ
ボア×ストローク(mm) 52.4×57.9 52.4×57.9
圧縮比 10.0:1 11.0:1
最高出力(ps/r/min) 9.8/7,500 12/8,500 9.4/7,000
最高トルク(kgf・m/r/min) 1.0/6,000 1.2/5,000 1.0/6,000
燃料タンク容量(L) 6.5(無鉛レギュラーガソリン指定) 8.0 5.5
トランスミッション Vベルト式無段変速/オートマチック 無段変速式(Vマチック) Vベルト無段変速
ブレーキ(制動装置形式)前後 油圧式シングルディスクブレーキ 前:油圧式ディスク 後:機械式リーディング・トレーリング 前:油圧式ディスク 後:機械式リーディング・トレーリング
フロントタイヤ 110/70-12 47L(チューブレス) 100/80-14 48P 100/90-10 56J
リヤタイヤ 120/70-12 51L(チューブレス) 120/70-14 55P 100/90-10 56J
税込価格 340,200 342,360円 318,600円

 

CYGNUS-X SR Movistarとは大きな違いはありません。しいて言えば、長さや高さに若干の違い、そして、重さが1kg増えたことくらいですね。

だとすると、やはり、この1万円の違いは、ネームバリューの違いなのかな?となってきますね!

 

モンスターネナジー(Monster Energy)は、バイクだけでなく、4輪車の世界でもロゴを見ることが多いですし、もっとも知られているのは、ドリンクではないでしょうか。

それだけ知られているからこそ、ネームバリューは高くなるのだと思います。

 

そして、他車の同じようなスクーターと比較してみた結果、重さは軽いのに、シート高は一番高い。ですが、外見的には、いい感じにまとまっていると思います。

最高出力も、燃料タンクの大きさも、タイヤの大きさも、大きすぎず小さすぎないので、乗りやすいと思いますよ!なので、金額的にも、ちょうどいいとなるのです。

そして、MOTOGPのライダーの気分になれるなんて、最高じゃないですか?

 

ぜひ、ヤマハファンのみならず、ちょい乗りなのに、周りの目を引くかっこよさも出せますので、一度、乗ってみてはいかがでしょうか?

 

*まとめ*

 

今年はじめに、MOTOGPのチームのヤマハのチーム名を見たとき、それまでの「Movistar Yamaha」から「Monster EnergyYamaha」に変わった時、今年中に、シグナスXのMOTOGPバージョンが出てくるなと予想してました。

 

予想通りに発売されることになって、嬉しいですね!

他のロードバイク(YZF-R25など)のモンスターカラーも発売されると思いますので、チェックチェックですね!

 

そして、このシグナスXモンスターは、MOTOGPで、選手の移動の際に、使われていますので、テレビで観戦する時に、チェックしてみてください。動いている、シグナスXモンスターが見れますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*