新型コロナウイルスの詐欺情報一覧!流行している手口やデマまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは!マルです。

日本いや世界で大流行して感染が拡大している、新型コロナウイルス!

自分もかかるんじゃないかと、ヒヤヒヤしてるのではないでしょうか。

こういう不測の事態になると必ず、人の弱みにつけこんで、色んな悪いことを考える人たちがいます。

最近では、新型コロナウイルスに便乗した詐欺やデマが出てきています。

トイレットペーパーのデマも流れましたね。

どういう詐欺が出てきているのだろう?どういう手口なんだろう?どういうデマが出てきているのだろう?と気になりますよね。

そこで、ここでは、

  • 新型コロナウイルス詐欺の種類と手口
  • 新型コロナウイルスに関連したデマ情報

について、調べてみました。

*新型コロナウイルスの詐欺の種類と手口【追記あり】*

ここでは、新型コロナウイルスの詐欺の種類とその手口をご紹介します!

新型コロナウイルス詐欺には、

  • 現金系
  • 検査系
  • 不審者系
  • 厚生労働省系
  • 水道・下水道系
  • マスク系
  • なりすまし系
  • オレオレ詐欺系

などが出てきています。(個人的仕分)

 

 補助金や支援金が受け取れるという電話

手口:

『新型コロナウイルスの関係で、補助金が出ます!』『高齢者に支援金が出ます!』といった電話がかかってきます。

相手は市役所職員や警察官を名乗り『個人情報』『口座情報』『住所』までも聞き出そうとします。

中には、『カードと印鑑を用意して』と言って、自宅まで訪問する【訪問盗】もいますので、注意が必要です。

葛飾区の70代の男性は、今月13日に知らない番号から「新型コロナウイルスの助成金が支給される」という不審な電話を受けましたが、すぐに切って警視庁に通報しました。ATMに誘導して逆にお金を振り込ませる詐欺の電話だったとみられています。

男性は、「“火災保険の協会”のような公的な機関の職員を名乗る落ち着いた女性の声だった。火災保険に入っている人にはウイルスの助成金が支給されると一方的に2、3分にわたって話していた」と言っています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200327/k10012353661000.html

府警によると、今月2日から3日にかけて、府内の80代男性宅に息子を名乗る男から「保証人になっている会社が倒産して借金ができた。弁護士に相談している」などと電話があった。

 男は男性から預金額を聞き出し、800万円を貸すよう依頼。銀行で出金する際、詐欺防止のために使途を尋ねる職員には「コロナの関係で手元に資金が欲しい」などと説明するよう指示したという。男性は指示通りに800万円を出金。自宅を訪れた弁護士のおいを名乗るスーツ姿の男に手渡したという。

引用元:https://www.sankei.com/west/news/200408/wst2004080046-n1.html

 新型コロナウイルス検査が受けられるという電話

手口:

検査キットを送った』、『1人5万円でコロナウイルスの検査を実施している』、『試験薬を5万円で販売している』といった電話がかかってきます。

相手は市役所職員を名乗り、現金だましとろうとします。

中には、「新型コロナウイルスの検査が無料で受けられる。マイナンバーが必要。これから自宅に行く」と言って、自宅まで訪問しようとする【訪問盗】も報告されていますので、注意してください!

 

訪問してパンフレット手渡しなんて・・おかしいですね!気をつけましょう!

 検査してあげると言って子供に近づく不審者

手口:

新型コロナウイルスの検査をしてあげる』などと言って、子どもを連れ去ろうとします。

中には、両親が働きに出ている家庭では自宅に押し掛ける不審者もいるとのことなので、注意してください!

 

 厚生労働省がLINEで行っているアンケートに似せたアンケート

手口:

厚生労働省がやってるLINEでの『新型コロナウイルスに関するアンケート』を装い、入力内容に『クレジットカード番号』を入力させようとします。

実際の、アンケートでは『クレジットカード番号』を入力する欄はありませんので、ご注意ください!

 

 水道水や水道管が新型コロナウイルスで汚染されているという電話

手口:

新型コロナウイルスが水道水に混ざっている可能性がある』、『水道管にコロナウイルスがついているので除去する』、『下水道にコロナウイルスが付いていて除去するのに10万円かかる』、『コロナを撃退する機械を付けませんか』といった電話がかかってきます。

相手は、水道局を名乗り、高額な金額をだまし取ろうとします。

中には、『今からウイルスが混ざっているか調査に行くので、お宅の場所を教えてほしい』といって、自宅まで訪問する【訪問盗】もいますので、注意してください!

その他に、「排水管高圧洗浄を3,000円で行う」というチラシをわざと投函し、電話させるタイプも出てきています。

排水管が新型コロナウイルスで汚染されている」「当市でも多く発生している」とデマを言うので、気をつけましょう!

群馬県伊勢崎市の住宅には、水道局の職員を名乗る男が訪れ「お宅の水道管にコロナウイルスが付着している」「防菌できる水道管と取り替えた方がいい」とウソをつき、10万円の見積書を見せたといいます。

専門家によりますと「水道管にコロナウイルスが付着することはない」ということです。

引用元:https://www.ntv.co.jp/news_covid19/static/20200310_06.html

 

 マスクが購入できる、無料送付するというメール

手口:

架空のマスク販売広告メールなどが届いたり、『マスクを無料送付する』というメッセージがスマートフォンに届きます。

相手は、メッセージ内のURLをクリックさせて携帯などの情報を読み取ったり、変なサイトへ飛ばさせたり、違法な金額を要求したりします。

今回、発覚した業者は、かなり酷似しており、見分けるのが大変のようでした。

こういうメールには反応しない、クリックしないのが得策です!

 

 WHO、携帯会社、対策室、信金職員なりすまし電話・メール

手口:

新型コロナウイルスに関するメール、『事態収束まで毎月助成金配布します』というメールが届きます。また、突然、『新型コロナウイルスの関係で聞きたいことがある』と電話がかかってきます。

相手は、本当に存在しているようななりすましで安心させ、『個人情報』、『口座情報』、『暗証番号』を聞き出したり、WHOでは寄付金みたいな感じで金銭を盗み取ろうとします。

ひっかからないように気をつけましょう!

 

 

詐欺メール多いですね!料金無料って・・・おかしいですよ!

「厚生労働省のコロナ対策本部の職員」を名乗った詐欺も。「あなたは濃厚接触者なので、個人情報を教えてください」と言われたとのことです。

厚労省に確認したところ「厚労省がこのような電話をかけることは一切ない」ということです。 

引用元:https://www.ntv.co.jp/news_covid19/static/20200310_06.html

 

上のように、厚生労働省の職員になりすまし、電話をかけてくる例も増えつつあります!

『濃厚接触者』だと言われたら、どうしても、個人情報教えてしまいますよね?そこに付け込んだ詐欺なんです。

そういう時は、誰が感染して私が濃厚接触者だと言っているのか、詳しく聞かせてと言ったほうがいいですね。

 

 新型コロナウイルスで困っているオレオレ詐欺

手口:

手口は、オレオレ詐欺と同じですが、『新型コロナウイルスで困っているのですぐにお金を返してほしい』と上司に言われたと電話してくるのが特徴です。

相手は、息子を名乗り、電話してきます。そして、お金を要求します。

振込に行けないなら、自宅まで取りに行くというパターンも増えてきているので、気をつけてください!

 

いずれにしろ、相手にしないことが肝心です!

 

 新型コロナウイルス給付金につけこんだ詐欺【追記】

手口:

市の職員を名乗り、「新型コロナウイルスで10万円給付されるが受け取る口座はどこなのか、みなさんに聞いているんです。」といった電話がかかってきます。

一方では、代行業者を名乗って、「市役所は忙しいから申請手続きの代行をします」という内容のメールを送ってきたり、電話がかかってきたりします。

 

金沢市の80代女性宅に市職員を名乗る男が「コロナウイルスで10万円のお金がもらえる。どの金融機関に口座を持っているか知らせてほしい」と不審な電話があった。

引用元:https://diamond.jp/articles/-/235328

 

兵庫県姫路市では同日、60代男性に“代行業者”から「市役所への申請手続きを代行する」という内容のメールが届いた。相談を受けた同市消費生活センターは銀行口座番号など個人情報の入手や、高額な手数料を要求する狙いもあるとみて、断るよう伝えた。

引用元:https://diamond.jp/articles/-/235328

 

特にお年寄りの方は、注意してください。お年寄りの手続きが大変なのを助けてくれると勘違いしてはいけません。

 

*新型コロナウイルスに便乗したデマ情報*

 

ここでは、新型コロナウイルスに便乗したデマについて、調べてみました。

上記で書いているように、

『水道水が新型コロナウイルスで汚染されてしまう』

というのは、デマです!

 

そして、

『新型コロナウイルスの検査が無料で受けられる』

というのは、デマです!

なかなか、受けられないことでもわかりますし、市で管理などできるわけがないのです。

 

 

 

ツイッターなどのSNSではデマも情報もたくさん流れています。

ですが、こんなに情報があふれると、どれがデマでどれがデマではないのか、見分けがつかなくなりますね。

そして、『拡散希望』なるツイートや投稿、信じられないですよね?やたらと反応するのはやめておいたほうがいいと思います。

 

*まとめ*

新型コロナウイルスの詐欺情報について、ご紹介しました。

すでに、相談件数が1万件を突破したという、事態になっていますが、よく考えればわかることです!

おかしいなと感じたら、すぐに、相談窓口へ相談しましょう!国民生活センター

でも、その前に、自分で相手にしないことです。冷静に考えればわかることです。

少しでも、詐欺の被害がなくなることを願っています。

そして、少しでもお役に立てば、幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*