MOTOGP2021年の暫定カレンダーと正式日程は?最新シートや注目ライダーの一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさま、こんにちは!マルです!

 

MOTOGP2020も後半戦!各クラスの年間チャンピオンは誰になるのか、気になりだすころですね。

去年、一昨年はMOTOGPの年間チャンピオンがマルク・マルケスに決まったのが、もてぎで開催される日本GPでしたね。今年はどうなるのか・・気になります。

ところで、来年2021年の暫定カレンダーやシートがすでに、発表されています。ライダーは誰が移籍するのか、そのまま残留なのか、気になるところですね!

そこで、ここでは、

  • MOTOGP2021年の暫定カレンダーや正式な日程はどうなのか
  • MOTOGP2021年の最新シートはどうなのか
  • MOTOGP2021年の注目のライダーはだれか

について、ご紹介します!

 

Contents

* MOTOGP2021年の暫定カレンダーと正式日程は? *

ここでは、MOTOGP2021年の暫定カレンダーと正式日程をご紹介します。

(※MOTOGP2021年の暫定カレンダーと正式日程は、まだ、発表になっていません。発表になりましたら、更新しますね!)

ちなみに、2020年の暫定カレンダーと正式日程は、次の通りです!

 

* MOTOGP2020年の暫定カレンダーと正式日程は? *

 

MOTOGP2020年の暫定カレンダーが発表になりました。暫定カレンダーは次の通りです。

 

ROUND  グランプリ名 サーキット名 決勝日
第1戦 カタール ロサイル・インターナショナル・サーキット 3月8日
第2戦 タイ  チャン・インターナショナル・サーキット 3月22日
第3戦 アメリカズ サーキット・オブ・ジ・アメリカズ 4月5日
第4戦 アルゼンチン アウトドローモ・テルマス・デ・リオ・オンド 4月19日
第5戦 スペイン ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト 5月3日
第6戦 フランス ル・マン-ブガッティ・サーキット 5月17日
第7戦 イタリア ムジェロ・サーキット 5月31日
第8戦 カタルーニャ カタルーニャ・サーキット 6月7日
第9戦 ドイツ ザクセンリンク 6月21日
第10戦 オランダ TT・サーキット・アッセン 6月28日
第11戦 フィンランド キュミリング 7月12日
第12戦 チェコ ブルノ・サーキット 8月9日
第13戦 オーストリア レッドブル・リンク 8月16日
第14戦 イギリス シルバーストン・サーキット 8月30日
第15戦 サンマリノ ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ 9月13日
第16戦 アラゴン モーターランド・アラゴン 10月4日
第17戦 日本 ツインリンクもてぎ 10月18日
第18戦 オーストラリア フィリップ・アイランド・サーキット 10月25日
第19戦 マレーシア セパン・インターナショナル・サーキット 11月1日
第20戦 バレンシア リカルド・トルモ・サーキット 11月15日

 

2020年は、2019年と比べて、1戦増えて、全20戦となります。

 

2019年と同じく、第1戦の「カタールGP」は、ナイトレースです。

 

そして、2019年まで、日本GPの直前に行われていた「タイGP」が第2戦に移動されています。

 

さらに、第11戦に「フィンランドGP」が復活!1982年以来のレースとなります。

開催されるサーキットの「キュミリング」は現在建設中です。これから、FIMによる基準の取得となりますよ。

 

2016年に、2020年までの開催と発表していた「チェコGP」に関しては、現在継続開催に向けて、交渉中だそうです。

 

正式日程は、コロナの影響で、かなり変更されてしまいました。次の通りです。

 

ROUND  グランプリ名 サーキット名 決勝日
(第1戦) カタール ロサイル・インターナショナル・サーキット 3月8日

(MOTO2,MOTO3)

第1戦 スペイン ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト 7月19日
第2戦 アンダルシア ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト 7月26日
第3戦 チェコ ブルノ・サーキット 8月9日
第4戦 オーストリア レッドブル・リンク 8月16日
第5戦 スティリア レッドブル・リンク 8月23日
第6戦 サンマリノ ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ 9月13日
第7戦 エミリア・ロマーニャ ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ 9月20日
第8戦 カタルーニャ カタロニア・サーキット 9月27日
第9戦 フランス ル・マン・ブガッティ・サーキット 10月11日
第10戦 アラゴン モーターランド・アラゴン 10月18日
第11戦 テルエル モーターランド・アラゴン 10月25日
第12戦 ヨーロッパ リカルド・トルモ・サーキット 11月8日
第13戦 バレンシア リカルド・トルモ・サーキット 11月15日
第14戦 ポルトガル アウトドローモ・インターナショナル・アルガルベ 11月22日
アメリカズ サーキット・オブ・ジ・アメリカ 未定
アルゼンチン アウトドローモ・テルマス・デ・シオ・オンド 中止
タイ チャン・インターナショナル・サーキット 中止
マレーシア セパン・インターナショナル・サーキット 中止
日本 ツインリンクもてぎ 中止

 

徐々に変わりつつある、MOTOGP。2020年はどんなレースが待っているのでしょうか?

 

2020年MOTOGPの放送予定や結果速報が知りたいかたは、こちらからどうぞ!↓

2020年MOTOGPの日程や放送予定は?結果速報・ランキングを紹介!

 

* MOTOGP2021年の最新シートは? *

MOTOGP2021年のシートは次の通りです。(暫定)

 

チーム バイクメーカー ライダー
レプソルホンダチーム ホンダ マルク・マルケス
ポル・エスパロガロ
モンスターエナジーヤマハMOTOGP ヤマハ マーベリックス・ビニャーレス
ファビオ・クワンタラロ
ドカティチーム ドカティ ジャック・ミラー
フランチェスコ・バグナイア
チームスズキエクスター スズキ アレックス・リンス
ジョアン・ミル
アプリリアレーシングチームグレジーニ アプリリア アレイシ・エスパロガロ
レッドブルKTMファクトリーレーシング KTM ブラッド・ビンダー
ミゲール・オリベイラ
LCRホンダ ホンダ アレックス・マルケス
中上貴晶
アルマプラマックレーシング ドカティ ヨハン・ザルコ
ホルヘ・マルティン
ペトロナスヤマハSRT ヤマハ フランコ・モルビデリ
バレンティーノ・ロッシ
レッドブルKTMテック3 KTM ダニロ・ペトルッチ
イケル・レクオーナ
エスポンソマラ・レーシング ドカティ ティト・ラバト

 

それぞれに見ていきましょう。

 

◆ レプソルホンダチーム

  • マルク・マルケス
  • ポル・エスパロガロ

 

文句なく、ホンダファクトリーはマルク・マルケス選手ははずさないでしょう!ただ、2020年は怪我で年間優勝は逃してしまうでしょう。(2020.10.11現在)

2020年に弟のアレックス・マルケス選手がホンダファクトリーとなりましたが、2021年は2020年に表彰台に乗ったKTMのポル・エスパロガロ選手になりました!

最近、調子のいいポル選手、いいレースに期待しましょう!

 

 

◆ モンスターエナジーヤマハMOTOGP

  • ファビオ・クワンタラロ
  • マーベリックス・ビニャーレス

 

ロッシ選手は去年から引退の噂が飛び交っていましたが、現役続行の選択となりましたが、ファクトリーからは出ての続行となりました。

その後継には、これも噂されていたクワンタラロ選手となりましたね!

もうひとりのファクトリーライダーはやはり、ビニャーレス選手が続行です。ただ、ヤマハのマシンが最近あまり元気がないので、なかなか、表彰台に乗れていないのが気になります

今後の追い上げに期待しましょう!

 

◆ ドカティチーム

  • ジャック・ミラー
  • フランチェスコ・バグナイア

 

今回、ドカティでは大幅な選手入れ替えが行われました。

ドビッチオーゾ選手はドカティから出ることは決まっていますが、そのあとのことは発表されていません。(わかりましたら、更新しますね!

プラマックレーシングだった2選手(ミラー選手とバグナイア選手)がそのまま、ファクトリー契約となりました。

今後の彼らの走りに期待しましょう!

 

◆ チームスズキエクスター

  • アレックス・リンス
  • ジョアン・ミル 

 

2020年の2選手がそのまま、2021年から2年間の契約となりました。

スズキは4月中旬の時点ですでに、契約更改してたようですよ!

スズキのマシンを乗りこなせるのは彼らしかいないのかもしれませんね!

今後の走りに注目です!

 

◆ アプリリアレーシングチームグレジーニ

  • アレイシ・エスパロガロ

 

いまいち元気のない印象のアプリリア。

マシンとライダーとの相性がガッチリと合うまでは、このままのシートとなりそうですね。

・・・と2020年シートの時に言ったと思うのですが、今年もその続きとなりましたね!

イアンノーネ選手に関しては、出場停止となっているので、今後どうなるかはわかりません。もうひとつのシートは発表され次第、更新します!

 

 

◆ レッドブルKTMファクトリーレーシング

  • ミゲール・オリベイラ
  • ブラッド・ビンダー

 

今回、2020年KTMのスター選手だったポル・エスパロガロ選手がホンダファクトリーチームに移籍する後継は、KTMサテライトチームのオリベイラ選手となりました!

ビンダー選手はそのまま契約更新!ふたりは以前、3年間、チームメイトだったそうですよ!

復活のコンビの走りに期待しましょう!

 

 

◆ LCRホンダ

  • アレックス・マルケス
  • 中上 貴晶

 

2020年ホンダファクトリーチームだったアレックス選手。1年契約を終えて、サテライトチームに2年契約で移籍です。

2020年のフランスGPでは表彰台に乗りましたので、やはり、注目からははずせません。

カル・クラッチロー選手は離脱を発表していますが、今後の動きは発表されていません

中上選手ですが、1年ごとの契約更新なので、まだ、はっきりとした発表はされていませんが、マルの予想では、中上選手はLCRホンダで契約更新となると思います。

今後、発表されましたら更新しますね!

追記】中上選手はLCRホンダと複数年契約更新!

中上貴晶選手は引き続きLCRと契約更新を発表しました!(マルの予想的中)

 

◆ アルマプラマックレーシング

  • ヨハン・ザルコ
  • ホルヘ・マルティン

 

ヨハン・ザルコ選手は、エスポンソマラ・レーシングからプラマック・レーシングに移籍です。

MOTO2総合5位のホルヘ・マルティンが昇格。1年契約を結び、参戦します。先輩方の胸を借りるつもりで、がんばって欲しいですね!

 

◆ ペトロナスヤマハSRT 

  • ヴァレンティーノ・ロッシ
  • フランコ・モルビデリ

ファクトリーチームに移籍したクワンタラロ選手と入れ替えに、2021年もレース活動を宣言した、ロッシ選手が1年契約で移籍しました。

モルビデリ選手は2年契約を結びました。

ロッシ選手の今後の活躍に注目したいですね!

 

◆ レッドブルKTMテック3

  • ダニロ・ペトルッチ
  • イケル・レクオーナ

 

ペトルッチ選手ファクトリーチームからの移籍です。

2人とも2年契約です。

KTMのペトルッチ選手が見れますよ!後半戦元気なペトルッチ選手!2021年も注目していきたいですね!

 

 

◆ エスポンソマラ・レーシング

  • ティト・ラバト

 

レギュラーライダーであるティト・ラバット選手は、契約を更新しました。

契約期間は2020年から2年間です。

空いているポジションの噂ですが・・・

ロッシ選手が、異母兄弟のMOTO2のルカ・マリーニ選手はドカティとの間で交渉がある、MOTOGPクラスへの昇格の可能性があることを示唆しました。

ティト・ラバト選手とルカ・マリーニ選手となる可能性があるようですね!

 

2020年のシートについては、次のようなシートでした。ご参考に!

 

 

* MOTOGP2020年の最新シートは?(追記あり) *

 

MOTOGP2020年のシートは次の通りです。(暫定)

 

チーム バイクメーカー ライダー
レプソルホンダチーム ホンダ マルク・マルケス
アレックス・マルケス
モンスターエナジーヤマハMOTOGP ヤマハ バレンティーノ・ロッシ
マーベリックス・ビニャーレス
ミッションウイノウドカティ ドカティ アンドレア・ドビィツィオーゾ
ダニーロ・ペトルッチ
チームスズキエクスター スズキ アレックス・リンス
ホアン・ミル
アプリリアレーシングチームグレジーニ アプリリア アレイシ・エスパロガロ
アンドレア・イアンノーネ
レッドブルKTMファクトリーレーシング KTM ポル・エスパロガロ
ブラッド・ビンダー
LCRホンダ ホンダ カル・クラッチロー
中上貴晶
アルマプラマックレーシング ドカティ ジャック・ミラー
フランチェスコ・バニャイア
ペトロナスヤマハSRT ヤマハ ファビオ・クワンタハッホ
フランコ・モルビデリ
レッドブルKTMテック3 KTM ミゲル・オリベイラ
イケル・レクオーナ
リールアビンティアレーシング ドカティ ティト・ラバト
カレル・アブラハム(契約解除)

 

それぞれに見ていきましょう。

 

◆ レプソルホンダチーム【追記あり】

  • マルク・マルケス
  • アレックス・マルケス

 

文句なく、ホンダファクトリーはマルク・マルケス選手ははずさないでしょう!

気になるのが、ロレンソ選手の様子。転倒リタイヤのあと、骨折でお休みしていたためか、いまいち、元気がないですね。

やはり、ホンダのマシンは慣れない!ということなのでしょうか?

巷では引退説も・・・。本人は否定してますが。彼に変わるライダーは、ホンダのテストライダーとか・・。

また、アグレッシブな走りがみたいですね。

【ロレンソ選手の後任に、アレックス・マルケス選手確定!】

 

【追記1】ホルヘ・ロレンソ、引退の噂は本当だった!

2019MOTOGP最終戦、バレンシアGPでの記者会見で、ロレンソ選手は2年契約の途中で、このバレンシアGPが最後となることを話ました。

つまり、2020年は走らないということですね。

マルは、ロレンソ選手に拍手を送ってあげたいと思いました。潔い引退だと思ったからです。カッコイイですよ。

2020年はロレンソ選手の走りが見れないと思うと、寂しい気もしますが

 

そうなると、空いた枠(レプソル・ホンダ)には誰が入るのか、そこが注目されると思います!

んー、思い当たるライダーがいないですね。マルケス選手の弟、アレックス・マルケス選手は2020年もMOTO2で走ると発表されましたし・・・マル的には、兄弟でというのもおもしろいかなと思いますが、それはおそらくないですね。

やはり、ホンダのテストライダーなのでしょうか

 

【追記2】ロレンソ選手の後任に、アレックス・マルケス選手確定!

引退したロレンソ選手の後任に、マルク・マルケス選手の弟、アレックス・マルケス選手が確定しました!

マルの予想は半分当たりました。そうなると、兄弟対決の可能性もありますね。ワクワクしますね。

2020年シリーズが楽しみですね!注目していきましょう。

 

 

◆ モンスターエナジーヤマハMOTOGP

  • バレンティーノ・ロッシ
  • マーベリックス・ビニャーレス

 

ロッシ選手はまだまだ、がんばりますね!ただ、表彰台にあがることがほとんど見られなくなりましたね。

ロッシ選手にも引退のうわさが出てましたね。

マルの予想ですが、現在、ペトロナスヤマハSRTのクワンタハッホ選手がルーキーながらに、良い成績を収めているので、もし、ロッシ選手が引退したらおそらくクワンタハッホ選手をファクトリーにというようなことが起こるのではないでしょうか?

ロッシ選手は否定してますが、衰えは隠せませんので、本人はわかっていると思いますよ?

 

ビニャーレス選手はシリーズの後半戦、表彰台に乗ることが多くなりましたね。ホンダのマルケス選手とバトルしたり、後ろからの追い上げがすごいです。

ビニャーレス選手に関しては、まだ、ヤマハは離さないと思いますよ。成績を収めているのですから。

 

 

◆ ミッションウイノウドカティ

  • アンドレア・ドビィツィオーゾ
  • ダニーロ・ペトルッチ

 

ドカティのスター選手は、ドビィツィオーゾ選手でしょう!

ホンダのマルケス選手と現在、年間チャンピオンを争っていますし、彼も後ろからの追い上げがすごいです。

ドカティのマシンは、直線では勝てるマシンはないというくらい、伸びがすごいです。ぐんぐん離していきます。

 

ペトルッチ選手が優勝したときも、同じです。

トップで走り出したら、直線でどんどん後ろを着き離し、独走態勢に。そのまま、優勝となりました。

そのマシンをうまく扱えているので、シートには変わりないと思いますね。

2020年もマルケス選手を脅かす一人となって欲しいですね!

 

 

◆ チームスズキエクスター

  • アレックス・リンス
  • ホアン・ミル 

 

表彰台にも乗った、リンス選手を離すことはないでしょう。

マシン的にも、優れているので、選手たちが乗れているといった印象です。

ミル選手もなかなか良い走りをしているので、2020年も期待できますね!

2020年もぐいぐい3位以内に食い込んできて欲しいです。

 

 

◆ アプリリアレーシングチームグレジーニ

  • アレイシ・エスパロガロ
  • アンドレア・イアンノーネ

 

いまいち元気のない印象のアプリリア。

アレイシ・エスパロガロ選手とのマシンとの相性はどうなのでしょうか?セッティングが落ち着いていない?良い時もあれば悪い時もあるので、そう思えてなりません。

マシンとライダーとの相性がガッチリと合うまでは、このままのシートとなりそうですね。

イアンノーネ選手も同じですね。2020年までは契約が残っているので、2020年はこのシートですね!

 

 

◆ レッドブルKTMファクトリーレーシング【追記あり】

  • ポル・エスパロガロ
  • ブラッド・ビンダー

 

KTMのマシンは、ポル・エスパロガロ選手しか乗りこなせない!と言われていて、表彰台にも上りましたね。

KTMにとっては、スター選手だと思います。なかなか、他の選手では乗りこなせないマシンを乗りこなしているのは、すごいです。

ただ、思い入れが強すぎたのか、フリー走行で転倒、左手首を骨折してしまいました。

でも、そこまでになれるライダーってかっこいいと思いますね。

 

ザルコ選手が途中契約破棄してしまったので、2020年のKTMのもうひとつのシートが空欄のままです。

いろんな噂が飛び交っていますが、どうなるのでしょうか?わかり次第、更新しますね!

 

追記ザルコのあとは、ブラッド・ビンダーが確定!

MOTO2で活躍していたブラッド・ビンダーが、MOTOGPクラスに昇格し、KTMファクトリーで走ることになりました。

ザルコのあとは誰になるのか、注目されていましたが、決まりましたね。

 

 

 

◆ LCRホンダ

  • カル・クラッチロー
  • 中上貴晶

 

クラッチーロー選手は2020年まで契約がありますので、このままですね。ただ、色んな噂もありますね。

子供の送り迎えがしたいんだ!とつぶやいてたり、引退を示唆するような発言もでています。

2021年になったらどうなるのか、まったくわからない存在です。

 

中上選手。2019年いっぱいの契約とも言われていますが、契約を更新したのか、定かではありませんが、そのままとも考えられるので、シートはそのままです。

もし、2020年もそのままであるならば、来年こそは頑張って欲しいですね!

 

 

◆ アルマプラマックレーシング

  • ジャック・ミラー
  • フランチェスコ・バニャイア

 

ジャック・ミラー選手。シリーズ後半戦いいですね。2020年の契約なので、そのままのシートです。

2020年の活躍いかんでは、2021年も更新される可能性大ですね!

バニャイア選手も2020年の契約なので、そのままです。あまり、元気がないので、どうなるのか。。

マシンがファクトリースペックらしいので、期待大ですね。

 

 

◆ ペトロナスヤマハSRT 

  • ファビオ・クワンタハッホ
  • フランコ・モルビデリ

 

ヤマハのワークスチーム。ふたりともルーキーです。

ですが、ふたりとも、良い成績を残しています。特に、クワンタハッホ選手。

ポールポジションを取ったり、マルケス選手とバトルしたり。表彰台にもかなり乗っていますね。

ふたりとも、2020年の契約ですが、2021年はどうなるか、わかりませんね。

ヤマハのファクトリーチームのところでも述べましたが、マルの予想では、クワンタハッホ選手はファクトリーチームから声がかかるのではないかと思います。

そうなると、ますます、MOTOGPも面白くなってきますね、楽しみです。

 

 

◆ レッドブルKTMテック3

  • ミゲル・オリベイラ
  • イケル・レクオーナ

 

2019年ルーキーのオリベイラ選手とは、2020年の契約をしています。

そして、2019年はMOTO2で活躍中の南アフリカ人ライダー、ブラッド・ビンダー選手が2020年は、MOTOGPへ昇格&レッドブルKTMテック3と契約を交わしています。

これで、2020年ライダーラインアップが確定しました。

オリベイラ選手がMOTO2の時も見ていましたが、なかなか注目できるライダーだなという印象があります。

2020年が楽しみです。

 

【追記】テック3はブラッド・ビンダーではなく、イケル・レクオーナが確定!

契約を交わしているとの情報で、確定していたものと思っていた、ブラッド・ビンダーの契約は、テック3とではなく、KTMとの契約だったようです。なので、KTMファクトリーのライダーとなったのですね。

イケル・レクオーナ選手は、スペイン出身の19歳。10代のライダーが世界最高峰クラスのバイクレースで走るんですね。

クワンタハッホ選手と同じように、台風の目になれるのか、注目です!

 

 

◆ リールアビンティアレーシング

  • ティト・ラバト
  • カレル・アブラハム

 

レギュラーライダーであるティト・ラバット選手は、契約を更新しました。

契約期間は2020年から2年間です。

アブラハム選手も2020年までの契約なので、そのままですね。

アブラハム選手はよく転倒しています。乗りこなすのが難しいのか、相性があっていないのか、わかりませんが、2020年では相性バッチリで成績を出してくれることを望みます。

【追記】カレル・アブラハム選手は、途中契約解除となりました。

アフラハム選手はまだ、2020年まで契約が残っていました。

しかし、突如、途中契約解除が発表されました。ちょっとびっくり!

未だにどこにいくかが決まっていない、ザルコ選手の影響とのうわさもあります。

引き続き見守っていきましよう。

 

* MOTOGP2021年の注目ライダーはだれ? *

マル的注目ライダーをご紹介していきます。(あくまでも、個人意見です)

2021年の注目ライダーは・・・

  • マルク・マルケス、アレックス・マルケス兄弟
  • ファビオ・クワンタラロ
  • ヴァレンティーノ・ロッシ

です。

それぞれに、見て行きましょう!

 

◆ マルク・マルケス、アレックス・マルケス兄弟

マル的注目ライダーとしては、まず、7回もの年間チャンピオンを獲得した、マルク・マルケス選手をあげたいと思います。ですが、2020年は前半戦で転倒怪我で欠場が続き、年間チャンピオンはなくなりましたね。

なので、2021年はまた年間チャンピオンに復活するか、見守って行きたいと思います。

クワンタラロ選手との接戦も見たいですね!

 

そして、弟のアレックス・マルケス選手。予想通り、MOTOGPクラスに昇格し、兄と同じホンダファクトリーとなりましたが、成績が振るわず、と思っていたら2020年のフランスGPで2位表彰台に乗りましたね!もしかしたら、すごい兄弟なのではないかと思わせてくれるような走りを披露してくれました。

2021年はホンダのサテライトチームに移籍しますが、フランスGPのようなうな走りを期待したいですね!

 

◆ ファビオ・クワンタラロ

 

ルーキーながらに、表彰台に乗る頻度が多く、マルク・マルケス選手とバトルしながら走り、時には、予選でポールポジションを取ってしまう、すごいライダーです。

これからのマルク・マルケス選手の年間チャンピオンをもぎ取った、すごいライダーです。

 

同じヤマハのヴィニャーレス選手と並んでも引けをとらない、そんなライダーになる要素は十分にあると思います。

今期はマルケス選手が怪我で欠場となって、あまり、直接対決が見れませんでしたが、今年こそ、マルケス選手のライバルとなって、戦って欲しいですね!対決が楽しみです!

 

◆ ヴァレンティーノ・ロッシ

 

引退の噂もたったロッシ選手。ヤマハのファクトリーチームは去りましたが、現役続行を希望して、サテライトチームに移籍しました。すごいなー!

1年契約なので、2022年はどうなるのか、引退なのか、続行なのか・・・そして・・・

どんな走りを見せてくれるのか、注目したいですね!

ちなみに、2020年のマル的注目ライダーは次のようでした!

 

* MOTOGP2020年の注目ライダーはだれ? *

マル的注目ライダーをご紹介していきます。(あくまでも、個人意見です)

 

◆ マルク・マルケス、アレックス・マルケス兄弟

マル的注目ライダーとしては、まず、7回もの年間チャンピオンを獲得した、マルク・マルケス選手をあげたいと思います。

ホンダのバイクは、乗りこなすが大変らしく、今年からチームメイトになった、ホルヘ・ロレンソ選手は何回も転倒してリタイヤしていますよね。

マルク・マルケス選手その難しいホンダのバイクを乗りこなし、倒れそうになっても自力で戻すくらいの体力を持っていて、ある人に言わせると、バケモノだ!と言わせてしまうくらい、すごい天才ライダーです。

若干、25歳という若さでMOTOGP界を引っ張っていってるのはすごいです。

年間チャンピオンに連続で何回なれるのか、注目ですね!

 

そして、弟のアレックス・マルケス選手。今年は表彰台に乗る頻度があがっていますね!来年も同じように表彰台にあがっていれば、もしかしたら、お兄さんと同じ、MOTOGPクラスに上がれるかもしれないので、兄弟対決!なんてこともアリかもしれません。楽しみだなぁ!(兄弟対決実現大!!)

 

◆ ファビオ・クワンタハッホ

ルーキーながらに、表彰台に乗る頻度が多く、マルク・マルケス選手とバトルしながら走り、時には、予選でポールポジションを取ってしまう、すごいライダーです。

これからのマルク・マルケス選手の年間チャンピオンを脅かしかねない、そんなライダーだと思います。

 

同じヤマハのヴィニャーレス選手と並んでも引けをとらない、そんなライダーになる要素は十分にあると思います。

ファクトリーのライダーのなれると思いますね。

マルケス選手のライバルとなって、戦って欲しいですね!対決が楽しみです!

 

◆ ブラッド・ビンダー

今年はまだ、MOTO2で活躍しているライダーですが、来年からはMOTOGPクラスに昇格して、走ります

どんな走りを見せてくれるのか、楽しみですね!

ルーキーなのに!すごい!という走りを期待します。楽しみです!

 

 

MOTOGPクラスのライダーではないですが、2019年のMOTO3の日本人ライダーの活躍がすごいです。

第1戦から鳥羽海渡選手が優勝したり、鈴木竜生選手が優勝したり、ルーキーの小椋藍選手が2位になったり、すごいですね。世界戦での日本人の活躍は嬉しいですね!

この中から、昇格できる選手はいるのでしょうか?最新シートでは、そのまま残留というようなので、もっと活躍して欲しいですね!

 

 

* まとめ *

 

MOTOGPの最新シートや暫定カレンダーをご紹介しました。

まだ、はっきりとしてない部分がありますので、わかり次第、更新していきますね!

 

その中でも、生きる伝説の「ヴァレンティーノ・ロッシ選手」は、まだ、現役続行ですね!すごいです。

マル的には、もうそろそろと思っていましたが、まだまだ、がんばるようです。

いつ、どんな風に去るのか、ロッシ選手も考えてはいるはずです。ただ、自分の身体と相談して、無理のないように、がんばって欲しいですね。(本音は、まだ、ロッシ選手の走りをこの目で見たい!)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*